« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

【訃報】石津謙介先生のご冥福を祈る

van  大人になる一歩前からずっと先生と慕い続けてた石津謙介先生がお亡くなりになりました。享年93歳だったそうです。先生といっても一度もお会いしたことはございません。ファッション誌「MEN'S CLUB」という教科書で石津先生から大人になるためのいろんなことを教わりました。メンズファッションのことはもちろん、日本の伝統文化を大切にしなければならないこと、映画をたくさん見なければならないこと、本をたくさん読まねばならないこと、家を植物でいっぱいにすることなどなど。そのおかげでボクはかなり楽しい人生を送ることが出来ている気がします。で、今日仕事の帰りスポーツジムで汗かいて何気にスポーツバッグに入れていたポロシャツが偶然VANのポロで、袖を通すと、なんかVANという3文字に心躍らされた10代の頃の気分が蘇って、胸がいっぱいになってしまいました。写真は家のクロゼット内の洋服ケースに今も貼ってあるVANのステッカー。これがあると服選びに気合が入るのです。

 石津謙介先生のご冥福を心よりお祈りすると同時に、心から感謝の意を表したいと思います。先生、長い間、ご苦労様でした。でもこれまでの先生の教えは、私の中でこれからもずっと生き続けますので今後ともよろしくお願いいたします。

 先生の教えの一端はコチラでご覧になれます。石津謙介おしゃれスピリッツ

【ライヴ】ZEK清水くるみトリオ

20050524001 昨夜は仕事の後、先週土曜、RMOで演ったばっかのコロネットへ、今、東京の地下音楽界で話題騒然のレッドツェッペリンナンバーを演るZEKオーケストラのピックアップトリオのライヴを見に。リーダーは日本音楽界の至宝、渋谷毅さんの奥さん清水くるみさん。ベースは一見怖そうだけど飲むとむちゃおもろい米木康志さん。タイコはジャズ界のサラブレッド本田珠也。米木さんと珠也は昨年10月、大口純一郎さんのトリオで来て以来。くるみさんは相当ひさしぶり。レパートリーは全てレッドツェッペリンのナンバー。ボクはツエッペリンには詳しくないけども、ピアノトリオでこんなエキサイティングなライヴは過去に記憶が無いな。米木さんのエレベ、はじめて聴いたけど気持ちよすぎ。珠也のタイコ、ボクの楽器使ったんだけどあんなに激しい調子の珠也のタイコもはじめて。ボクのタイコ、小径(ベードラ15”、タム10”フロアタム13”)なんで最初はかなり低いローチューニングが気になったけど、珠也の背後に回って聴くと3人の音のバランスからしてこのチューニングじゃないと、って感じがしてくるから不思議。そしてなんといってもくるみさんのピアノ、あの小さな身体で顔を歪ませ全身をピアノに叩きつけるかのような激しすぎる音はその夜集まった約60人のお客さん全員を完全にノックアウトしていた。次回はZEKオーケストラで来て欲しいな。

【生活】詩音お散歩日記5月第3週

050507_078 皆さん、お久しぶりぃ!詩音で~す。写真は、お父さんがお庭で拾った木の枝見て物思いにふけってるとこ。えっと、今週はお天気があんまりよくなかったのでお父さんとの毎朝のお散歩できない日が多くてちょっと残念。それにね。今まで夜は3階のお父さんとお母さんの寝室に一緒に寝てたんだけど、今週から2階の居間にひとりぽっちで寝るようになったの。詩音のこと、邪魔なのかなー?それでね、今までみたいに朝5時半にお父さん起こすのできなくって6時半にお父さんが起きてきてからのお散歩になったの。でもそのほうがお父さん、元気みたい。

 我家のトピックとしては、昨日からお母さんが毎年一度の海外旅行でハワイに行きました。でね、お母さんが旅行の荷造りしてるとき、お父さんが見てはならないものを見てしまったのね。海で泳ぐときに着るお洋服。あ、そうそう。水着っていうの。それのね、ビキニっていうやつがあったの。でね、お父さん「あ!?四捨五入したら今年Gジュー(ゲージューって読んで、バンド用語で50ってっことみたい)なろうってのに何考えてんの?」って、そしたらお母さん「着けたとこ、見る?」って。そしたらお父さん「はぁ?マジで?何言ってんの?誰が見るか!」って言いながら何とち狂ったか「ち、ちょっと着て見せてん・・」しばらく重苦しい雰囲気が漂った後、お母さん正気に帰って「いや、ゼッタイ、いや!」って。大人の世界はわかんないね。

 昨日はお父さんのバンド、RMOのライヴがあったんだよ。詩音は犬だから行けないんだけど、前日の天文館営業の成果が実ってたーくさんのお客さんで盛り上がったみたい。でも、会社の社内ブログでも宣伝してたにもかかわらずお父さんの会社の人はだーれも来てなくてちょっと寂しかったみたい。でも、演奏中のお父さんってほんと、カッコいいって、お母さんいつも言ってるんだよ。ヘンな夫婦だよね。

 今日はちいちゃいお兄ちゃんのサッカーの試合が桜島でありました。なんと、2連勝して決勝では負けちゃったけど、グループリーグ準優勝したんだよ。ちいちゃいお兄ちゃん、サッカーあんまり上手じゃないんだけど、一生懸命走って、お父さんと大きいお兄ちゃんも一生懸命応援したんだって。あー、詩音も広いところでお兄ちゃんたちとボール追っかけて思いっきり走り回りたいなぁ。

 金曜日までお母さんいないけど、お父さん大丈夫かな?

【ライブ】今週末はRMOライブへ!

今週末はmojazz率いる地底即興音楽集団RMOのライブですよ!電気を通さない生の楽器の大音響に身を委ね、既成概念の束縛から解放される快感を一緒に体感しましょう。

2005/05/21(土)19:30より天文館ゴンザ通り音楽喫茶コロネットにて

1,500円(ワンドリンク付)

なお、当日はお友達のKoiawaちゃんによる初のミュージックアートレーションもお披露目となります。こちらもお楽しみに。

【勉強会?】さつま非凡塾

satsumahibon 博多から朝8時発の高速バス(車中「三国志7巻」ほぼ読了)で帰ってきて、疲れを癒すべく天文館吉次郎でカレー喰って、そのまま町内会のクリーン作戦と新小学1年生の歓迎行事に出るつもりだったけど、帰り着いたらさすがにダウン。しかし夕方からは今回、ブログがテーマのさつま非凡塾である。これは欠席できないので身体に鞭打ってまたまたバスに乗って吉野まで。(遠い!)しかし、博多非凡塾に続いて、さつま非凡塾と、異なる地域の非凡塾に2日連続で参加したってのは、非凡塾の仕掛け人武沢さん以外で何人いるだろうかね?

 で、今回のさつま非凡塾ですが、今回は急遽数名のキャンセルもあって、ボクと中小企業診断士のあいあいさん、セキュリテイコンサルのくんくんさん、某県会議員さん、パソコン教室のYさん、FPのゆ~みんさんの6名。あー、もうこんなことになってる!って、これ以上書くこと無いじゃん!ブログがテーマだったんだけど、ブログに対する印象、トラックバックやコメントに対する思い込み、ブログ開設のハードル、いろんな立場の人のブログ操作の現場に立ち会えて、提供する立場としても、かなーり勉強になりましたわ。マジで。ハイ、当日の参加者の皆さん、トラバはってはってー!

【セミナー?】博多非凡塾

kayano 大阪出張を済ませ、翌日は新幹線のぞみで博多へ。ちなみにこの日は有休ね。車中「三国志7巻」を200ページほど読み進める。博多について博多の昼飯の定番、焼き鯖定食喰って某ISPを訪問、情報交換したあとホテルで資料整理やらして、プランナーK氏と待ち合わせの場、珈琲美美へ。ワイングラスのような小ぶりな器で飲んだアイスコーヒーみたいななんなんだろう?深い珈琲の味わい。で、その夜の目的は「博多非凡塾」で場所はなんと「島原の乱」という居酒屋。講師はバカ社長の人生逆転で有名な栢野克己氏。テーマは「セルフブランディング」。詳しくは述べませんが、写真からその雰囲気は想像できますでしょうか?座敷、木造のハコ、白熱灯、熱い語り、参加者の真剣なまなざし、そして笑い。なんか新宿か下北沢の場末の芝居小屋におけるアンダーグラウンドな芸能を見たかのような錯覚に陥りました。

 講演(?)が終わったあとはそれはもう、場所が居酒屋ですから、ハイ、懇親会ですな。ほとんどはじめて合うもんどうし総勢20数名が、くんづほぐれつ時間を忘れて語る語る。楽しかったぁ!

【食】大阪3大名物を喰らふ

oosaka_006 昨年10月以来の大阪出張。営業のK君と一緒に某通信界の巨人本丸を攻めに行き、途中想定外の展開があるも、入念な下準備とリハーサルのおかげで濃い打合せができたなぁ。いつもはここでそのまま飛行機で日帰りなんだが、毎回大阪日帰りだし、今回はボクが翌日博多で用事があるので、かねてより念願だった泊まっての大阪3大名物を堪能することに。

 泊まったのは新大阪界隈。大阪に土地勘がまったくないので駅降りてすぐにこの辺は期待の街とちょっとちがうことに気づいたがもう遅い。それはそれで楽しむしかないので、ホテルで周辺地図もらって2人でそぞろ歩く。まずはたこやきで軽く、ってことで発見したのが十八番というたこやきやさん。表が普通の店舗で裏が路地裏露天になっている丁度、大安のよう。焼き場の横に座を構え、散々歩いたのでかねて飲まない生ビールなどを注文し、のどをうるおしながらたこやきのやき方を目で楽しむ。生地は全体を固める程度。かなりな量てんかすが入る。写真のとおり、ざるに盛り付けられ、ソース、薬味はおこのみで。てんかすの香ばしさに納得。

oosaka_008  さ、続いては、それを喰うというより、串をドボとソースの缶の中にくぐらせるというあの行為を前からやりたくてしょうがなかった串かつに。(お店の名前、失念!)くしかつ3本300円、どてやき3本300円頼んでしばし待つ。あげたてくしかつをソースにドボリ。そしてそれにがぶりつく。美味い!至福のひと時。ソースは二度つけたらダメね。口に残ったソースの濃い味でちぎりキャベツをうさぎのように貪り食う。どてやきも昭和ノスタルジーの味である。あとはウィンナー、アスパラ、キスなどをアドリブで注文。焼酎は大分の麦、二階堂をロックンロールでガブガブ。

oosaka_013  そして最後は、やはりお好み焼き。歩いて歩いて外の風情から「満月」というお店に。なんとカメ泡盛があったので泡盛に目が無いボクはこれもロックンロールで飲りまくり。注文したお好み焼きは名前は忘れたがとにかくスペシャルなやつ。でもくしかつでおなかこってり状態だったので大根サラダやたこわさといったあっさり居酒屋メニューでゆっくり待つことに。しかし、焼きあがってきてかつおびし青海苔一味などふりかけ食った瞬間の感動は酔いを醒ました。牛スジとこんにゃくと大量のねぎのハーモニーが渾然一体となって口腔内に充満する。自宅で焼くお好み以外でこんなカルチャーショックは初めての経験。でもさすがに2人で1枚しか喰えなかった。。

 3軒飲み喰いして2人で合計1万円しなかった大阪3大名物食い倒れツアー。何ヶ月ぶりかで8時間の熟睡。大満足の夜でした。

【飲み屋】dd創立1周年記念パーティ

050508_014 フーズバーddの大将、ST(たっちゃん)とは20年の付き合い。お互いドラマーとして知り合ってその技を競いながら切磋琢磨しあって20年。今もお互い現役のドラマーや。(あ、写真にはおらんなー・・・)昨晩は、そのたっちゃんがオープンさせた店dd(drunk drummer)の1周年記念ライブパーティ(@CAPARVO_SRホール)。常連総勢約50人で飲めや喰えや歌えやの大騒ぎ。ご両親の愛のこもった挨拶でそのボルテージは頂点に極まったかに思えたが、さらにたっちゃん(ドラム)、そしてボク(パーカッション)が参加するファンキーソウルバンドで武味亭の御大、たけちゃんがリーダーをつとめる、ソウルスナイパーシステムの2年ぶりのステージで床が抜けるかの大爆発!音楽がお客さんをつなげる店。dd。たっちゃんのギャグはちょっとしょっぱいけど、なんか心温まる空間、そして人のつながり。挨拶でコミットした20年継続を、ちゃんと果たせよな!それには家族を大事にし、ビジネスとしてのお店、そして自分の付加価値を高める努力、勉強を怠らないこと。これからもお互いがんばろう!

ddはコチラ

http://www.geocities.jp/foodsbardd/

【生活】詩音お散歩日記5月その1

050507_103 みなさーん、おひさしぶりですぅ。GWいかがお過ごしでしたか~?詩音にはお休みとか関係ないんだけど、お兄ちゃんたちがよく遊んでくれて楽しかったよ。お父さんは普通に仕事だったけど、さすがに5日のこどもの日はお兄ちゃんたちから責められて休みとってたね。その日は、鹿児島アリーナ周辺であったちびっ子ウォークラリーに近所の子供たちも連れて行ったの。詩音も行きたかったなぁ。。

 それ以外で、お父さんは、仕事の後会社の人たち連れてドルフィンポートでビール飲み歩いたり、レイボーンっていうアブナイ酒場で勝浦漁港のアジのひらき一夜干し喰って感激したり、これまた会社の人たちと昭和横丁っていう昭和レトロの居酒屋行って南日本新聞の取材受けたり(5/12木曜の夕刊らしい)、シティFMの美人パーソナリティMさんと飲みに行ったり、お友達のお店の1周年パーティではじけたり、二日酔いで小学校の農園開墾作業してそのままバンドのリハだったり、相変わらず休まる暇も無い様子なんだけど、毎朝6時前に詩音におこされてのお散歩は1日足りとて欠かさないんだよ。

 その間に三国志6巻読了。今週買った本がアラン・シリトー「長距離ランナーの孤独」(学生時代の再読だって)、見沢知廉「調律の定刻」(左翼右翼刑務所ってテーマが好きみたい)、水野仁輔「ザ★カレー」(新たなネタ仕込みかな?)。まったくいつ読むのかねー。だって、今月まだ映画も見てないし、先月今月CDも買ってないよ。

 お料理はお庭でバーベキューしたいとか言ってたけど、お天気がイマイチなんで来週に期待♪それじゃーねー。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を