« 【料理】パエリアにチャレンジ!パエリヤ!? | トップページ | 【映画】アイ・ロボット »

【エンタメ】インリン様@ハッスル7

inrin_011実は、ボクは小学5年から高校2年までプロレスマニアでプロレスお宅だった。月刊ゴング、別冊ゴングを買い夜中ラジオを聴きながら読み漁り、昭和のプロレス史をほぼ頭脳内にメモリ、当地で行われる3団体(全日・新日・国際)の興行には全て足を運び、レスラーたちの宿舎までおしかけ追っかけしていた。しかし、古館一郎アナウンサーの登場で新日本プロレスが掲げるスローガン、「King of sports」に疑念を感じ、あ、スポーツとは違うんだ、と感じたときから、見るのをきっぱりやめていた。そして10数年後すっかり大人になって桜庭和志VSホイス・グレイシーの90分にわたる死闘を見て、感動、ココ5年ぐらいはPRIDE、UFC、パンクラスなどの総合格闘技、すなわちリアルファイトだけを見てきた。

 しかし、昨年すっかりリアルファイトから足を洗い、エンタメプロレスに走っていた小川直也がPRIDEグランプリに参戦して、正直、小川選手を見直した。そしてそこで、アピールされるハッスル!?ひっかかった。このまま連れて行かれると、いつかハッスル!をPPVで見るときが来るのか?ハッスル劇場の情報に触れるたびにそんな不安感に襲われた。そんななか、偶然、インリン・オブ・ジョイトイなる奇妙な名前のグラビアモデルがハッスルに参戦する記者会見の動画ニュースをみてしまい、あまりの面白さにPPV(税込み2100円!)買おうかな?という不安に。その動画ニュースサイト、再度探すが見つからない。。あった、あった。コレだ!「私がインリン様よぉ」「暇でもてないプロレスファンの諸君、私をインリン様とお呼び!」で、鞭打ちのデモンストレーション、何なんだこのネェちゃんは!?アホか?でも、そのアホ徹し方が妙にカワイイ♪おまけに、3.2.1.ハッスル!ハッスル!ならぬ、3.2.1.モンスター!と自ら叫びM字開脚。そのあまりのエロカワイさにPPV買いは確信に変わった。まんまとインリン様に洗脳されることで興行主の策略にひっかかったわけ。こんなアホでカワイイおネェちゃんが小川と戦うのか?いったい小川は何を考えてるんだ!?元柔道世界王者とグラビアアイドルがプロレスをする。小川の割り切りぶりもアッパレ!

 このインリン・オブ・ジョイトイなるタレント(?)、公式サイトがまたエグイ。彼女は台湾出身で10歳から日本で暮らしているレースクイーンを経たグラビアアイドルらしいが、この公式サイトでのメッセージはいったい何なんだ?(<コレばっか)かつてのテレサ・テンのような台湾政府肝いりの中華独立プロバガンダ戦士か?しかし、かなりアダルティーなコンテンツを含む。ヒラオカノフスキー・クラタチェンコなるロシア風日本人的名前のプロデユーサーも怪しい。ますますわからん!しかしその不気味さにますます興味がひかれるのは何故?

 まあ、いいだろう。(高田総統風)正直言おう。インリン様見たさにPPV買いました。はい。しかし、メインのインリン様出場の試合以外はまったくダメ。全てが中途半端すぎる。しょっぱなのルチャは、ヘタすぎ。グラン浜田の晩年のほうがいい動き。その後の試合も総合出身のキングコングがヘタれな演技したり、WWEばりの控え室演劇もヘタすぎ。でも、でも、最後にインリン様が登場、その役(女王様!)へのはまりっぷり、その日の出場者のうちダントツNO.1!のプロフェッショナルなのであった。試合(と言っていいものか・・)中、ちょこまかリングを動きまわりながら、胸元にマイクなんかついてないのに、「この無礼者!」とか叫びながらムチで小川をピシャ、ピシャ。タッグパートナーのダンボビに「ダン、あとでご褒美よ!」とか地で叫んでるのがかすかに聞こえるのだ。このネェちゃん、完全にハマッてる。完全にこのショーを自分自身が楽しむことで観客を楽しませる、というプロフェッショナルエンターティナーぶり。途中、小川に馬乗りになり、ムチでのどを締め上げながら「参ったしないのぉ~」。苦しみもがく小川。なんて女だ・・。面白すぎるじゃないか!?そんで、最後はM字固めで圧勝の図で勝ち名乗り後、高田総統の指示でM字開脚ビターンで、観客、視聴者の皆さんを完全洗脳。この最後のショーだけで、PPV2100円の価値は十分にある。

 最後にまじめなコメントを。世界最高峰の総合格闘技の大会(興行と言いたくない!)であるPRIDEを主催するDSEがエンタメプロレスであるハッスルを主催するのはあくまでビジネスなのでかまわない。しかし、ハッスルに絡む選手や関係者は、PRIDEとは一切切り離さないと、PRIDEの純度に対するイメージが傷つく。ハッスルを牽引する小川直也はもちろん、ケビン・ランデルマン、ジャイアント・シルバ、ダン・ボビッシュ、など過去PRIDEで命を削りあった選手がエンタメプロレスでおちゃらけたあと、PRIDEに戻るのはゼッタイにあってはならない。選手だけでなく、高田総統を演じる高田信彦、安生、島田、そしてリングアナKグラントもハッスルのリングに立った以上、PRIDEに姿を見せるべきではない。
 
 インリン様、そこんところよろしくお願いします。

« 【料理】パエリアにチャレンジ!パエリヤ!? | トップページ | 【映画】アイ・ロボット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【エンタメ】インリン様@ハッスル7:

» 元・上司がハマる"エロテロ" [imaggio diario]
「も」さん、しっかりしてえええ〜 http://mojazz.air-nifty.com/molog/2005/02/post_5.html http://w... [続きを読む]

« 【料理】パエリアにチャレンジ!パエリヤ!? | トップページ | 【映画】アイ・ロボット »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を