« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

【モノ】iPod shuffle が3人に1人にアタル!?

かつてSONYの盛田昭夫会長が、ウォークマンを意気揚々とプレゼンしたように、今、アップルコンピュータのスティーブ・ジョブスCEOが、同じ事をiPodでやっている。そんなこんなでiPod、最初はMacユーザでぼちぼちだったのが、昨年iPod mini が出てから大ブレイク、そして間髪いれず、iPod shuffleを投入してきた。ボクは今までMP3プレイヤーは、ナプスター全盛の頃にDynamic Nakid Audio社(検索したけどもう存在しない!?)のを2台、CRATIVE社のを2台買い換えてきた。こだわってきたのはいかに小さいか。だってボクの場合、音楽を持ち出すのは、自分が演奏する楽曲の練習にサンプル数曲を繰り返しハードローテさせるためだけなので、256MBもメモリがあれば十分で、40GBなんてCD何百枚分も持ち歩いても仕方ない。でも、こんどのiPod は、そんなニーズに十分応えうるGADGETぶり。液晶画面がないことで叩かれてるようだが、ボクの場合もともと液晶画面なんて見ないのでいらない。だから、iPod shuffle、欲しいのよ。と、思ってたら、こんなブログが。iPod shuffleが3人に1人アタルって!??しかも、トラックバックはるだけでいいの?マジで?もう、早速、TBはりましたがな。これって応募者続々増殖するな。しかし、ブログの特製を良く活かしたキャンペーン。勉強になりますわ。

【映画】ゲロッパ!

getupあさってムショに入る西田敏行親分のためにKING OF SOUL,JBをさらえ!ヤクザとソウル、なんという素敵なテーマの映画。ソウル、JBが好きな人には笑って踊れて涙して、思う存分楽しめる娯楽作品だけど、ソウル、ファンク、JBの楽しさを知らない人にはちょっとキビシイかな?でも、これでいいのだ!井筒監督、よくやった!キャストの中では岸部一徳が最高の演技ですな。あー、久々に踊りに行きたくなりました。あ、そうそう、夕べ仕込んだネタだけど、3月CAPARVOホールで80’Sソウルライヴやる予定で課題曲のCDもらってきたよん。演奏して飲んで踊って、今から楽しみですなー♪

【CD】 BOYCOTT RHYTHM MACHINE

boycott_002アマゾンでいつでもどこでも簡単に目当てのCD買えるようになったのはいいけど、ちゃんとレコード屋に足運んで、棚を見て、偶然出会うCDもいいもんだよ。音楽評論家である友人のdubbrockさんに言われたこと。そう、レコード屋に行ってCD買うのすっかり生活習慣から無くなっていた。ほんで、アミュプラザのHMVをブラブラしてたら、???何?コレ?ボイコットリズムマシーン?何じゃこりゃ?”極彩色の生音を操るジャズの魔法使いによる夢の饗宴。”ボク好みの大げさなコピーである。特に「競演」ならぬ「饗宴」だ。さてさて、ジャズの魔法使いたちとは一体全体どこの誰じゃ?不破さん(渋さダンドリスト)に、片山さん(テナー)に芳垣さん(ドラム)に津上研太さん(アルト)に青木タイセイ(tb)に関島さん(チューバ)に藤井信雄さん(ドラム)に鹿児島大学の先輩太田さん(バイオリン)にメル友の水谷さん(ベース)に・・・旧パノニカに出演してくれたミュージシャンを中心に知り合いばっかじゃないか。。こんなアンダーグラウンダーなミュージシャンたちによる今、東京のライブの現場で起こっていることを記録したすべて新録のコンピレーション・アルバムだ!これは買うしかないね。何と1曲目は渋さ知らズの名曲「犬姫のテーマ」にはじまり、とんがりまくりの全8曲、そしてなんとなんと南博トリオの激ぶっ飛びビバップTurnAroundと水谷さんと菊池雅晃さんによるベースデュオの2曲が入ったオマケCDまでついてて、いたれりつくせりの2400円は安い!こんなスバラシイコンピCDつくってくれたのはvinylsoyuzというインディーレーベル。ほんと、HMV行かなかったら知らなかったですよ。こんな美味しいCD。でもでもでもねー、、やっぱりこんなすごいサウンド、CDじゃなくってやっぱりライヴで体感したいよ。

【鍋】創作黒豚しゃぶ

syabu黒豚の価値が世に認められだしてからというもの、しゃぶしゃぶは牛より豚という食通は多い。しかし、ごまだれ&ポン酢という牛しゃぶの食し方に対し、黒豚のそれは牛同様のごまだれ&ポン酢あり、そばつゆだったり、野菜も牛しゃぶ同様のねぎ白菜春菊しいたけしめじくずきりだったり、いまいちオリジナリティに欠けており、新しいものであるだけに文化として定着していない脆さを露呈している。そこで、我家の創作黒豚しゃぶ。水14、淡口2、料理酒1、みりん1を土鍋にはり、出し昆布を1枚ぶち込んで1昼夜。これを味つきダシとして使用。これに、極上鹿児島産黒豚のばらしゃぶ肉とろーすしゃぶ肉、そして野菜はニラ、水菜、ねぎを等辺に切り刻み、ダシをくぐらせながら、ここで一興、それら肉と野菜を同じ鍋の中でアルデンテにゆでた餃子の皮で包んで喰う。なんと独創性に富んだ鍋!寄せ鍋の手軽さ、牛しゃぶの繊細さ、博多もつ鍋の豪快さ、これらのいいとこ取りで編み出したオリジナルの豚しゃぶ、ニラ、ネギ、水菜という青白い野菜の繊維に豚肉の旨みが染み込み、そららを逃がさぬ餃子の皮の歯ごたえが、この世界中どこを探してもゼッタイにココでしか喰えない鍋の強力な個性を引き立てる。肉をくぐらせるほどにダシもコクが出てきて、しめのチャンポンへの期待感が増幅する寸法。次回参加希望者は事前に連絡の上、極上黒豚しゃぶ肉800g持参のこと。

【芸術】能楽座新春能公演

nou「茂山が来るよ」伝統芸能好きの友達にきいて、茂山狂言ははずせないと行くことにしていたが、これまで見てきたのは狂言のみの公演。しかし、今回は狂言の本来のスタイルである能の前座、余興としての狂言であり、メインは能楽座の能である。この「能」、難しさの権化として定評があり、難解極まりない伝統芸能としてのイメージが強い。(ジャズと同じではないか!)実際ボクも見たことないし、何の学習もせず見て楽しめるのか、大いなる不安のまま見ることに。
 前座は茂山狂言、人間国宝茂山千作の次男、千之丞が太郎冠者演じる抱腹絶倒の泥酔コメディ「すおうおとし」。主人は太郎冠者におつかいを頼んだが太郎冠者は訪問先で酒を飲まされ、土産を持ち帰ってそれを落としたのが主人に見つかり・・・あー、面白い!茂山狂言、最高!
 さ、続いて不安の根源、初体験の能、曲は日向に逃げ延びた平家の末路の悲哀をうたった「景清(かげきよ)」。狂言は役者3人か4人だけど、能は役者だけでなく笛吹く人、つつみたたく人、うたう合唱隊みたいなひとたちがいて登場する人多いんだなー。
ピュー・・いよぉーーーー・・・ポン!
あ、気持ちいいかも。。皆さんの立ち振る舞いがキレイ。セリフ何言ってる(うたってる)かさっぱりわかんないのでパンフレットに書かれてる詞を追っかけながら舞台に集中。途中、集中が途切れ、まぶたが落ちそうになったが、クライマックスの緊張感がなんともいえない雰囲気で覚醒。なんか美しいなぁ・・・んん、能って面白いな。勉強せねば。。
いやぁ、能ってこんな面白いものだったとは・・・知らなかった世界を知ってしまった楽しみ。
 一度京都で能と狂言を堪能したいなぁ。。

【本】訓録「仁義なき戦い」仁義総研

jingiボクは、「仁義なき戦い」の熱烈なファンである。昭和40年代後半、ボクの小学校時代の通学路、大門口交差点の門にちっちゃな神社があり、そのブロック塀は映画の看板が立っていた。松竹高島、松竹第一、有楽座、文化劇場、鹿児島東宝、当時は2本立てが主流でどれも縦型に上下2作品のポスターがはってあったんだけど、鹿児島東映だけは横長で、そこに「仁義なき戦い」の強烈な色彩感覚の大型ポスターがはってあったのを今でも覚えている。時は流れて大人になり、街の映画通な人々が事あるごとに「仁義なき戦い」ほど日本映画史上の最高傑作はない!と断言するのを聞くに、大学時代に見たときの衝撃はさらにすごかった。菅原文太、松方弘樹、小林旭、成田三樹雄、田中邦衛、梅宮辰夫、金子信雄、この主なキャストだけでもその圧倒的な存在感は、超豪華絢爛、さらに日本映画界になくてはならないバイプレイヤーたちがきら星のごとくスクリーンの中をうごめき、深作欣二監督が壮大なる叙事詩としてこれ(全5作品)を残したことはもうほとんど奇跡的なのである。
 この本は、そんな「仁義なき戦い」を、現代のビジネスシーンに役立つマネジメント論として総覧した本。確かに、上司、同僚、部下、競合先との関係、ネゴシエーションに対する覚悟、行動に対する哲学など、「仁義なき・」に登場する人物は実在の広島やくざがモデルなので、とてもリアリティがあり、納得させられることが多く、さらに、これは笑えるのだ!特に、金子信雄演じる山守組組長や打本会会長のトンデモナイ人物像のおかしさは、酒のつまみにネタは尽きることが無い。しかし、実際のモデルとなったお歴々は、それ以上の豪胆だったとか・・おー、コワ。。
 「仁義なき・」何度でも見たくなる本です。映画、見たこと無い方はまず、映画全5作品ご覧ください。

【映画】エニグマ

eniguma小説「ダ・ヴィンチ・コード」読了して、暗号ミステリーの面白さにはまったついでに、WOWOWライブラリから引っ張り出して見た。イギリス軍暗号解読班がこれを解読したことで一挙にヨーロッパ戦線が連合国側に傾き、第二次大戦の終結に向かったとされるドイツ軍の暗号コード「エニグマ」。どんなハラハラドキドキが用意されてるのかと思いきや、なんだかなー。。地味ですなー。で、調べると、ローリングストーンズのミックジャガーがプロデュース?ますます意味不明。ミックジャガーがプロデュースしてなんでこんな地味な映画に。この期待裏切り感がミックの狙い?

【映画】バードケージ

1025birdcage年末に見たまま、ブログるの忘れてたので一応、記録がわりに。ゲイの夫婦に育てられた息子が、結婚相手の親にそれを隠そうと父親ロビンウィリアムスに相談するが、ゲイであることの誇り、母親役の男性への繊細な配慮、そして傷つき、最後はハッピーエンド。ゲイの存在さえ否定する堅物父親ジーンハックマンの女装には笑う。フランス映画「Mr.レディ・Mr.マダム」、及び舞台作品のリメイクでキャストも大物ぞろいだが、何か物足りなさが・・・

【料理】湯豆腐蟹鍋とオカムラの地鶏刺身

nabe050109_001年末年始休めなかった分の3連休最終日、朝9時から長男Kをホテルタイセイアネックスで行われた鹿児島県ジュニア囲碁選手権に送り届け、ボクは門に新年の挨拶がてらコーヒー飲みに行ってしばし読書。んで、アミュプラザのHMVでCDとDVD買って、地下で石焼ビビンバと生ビールの昼飯。長男Kを迎えに行って、帰宅後、次男Nを交えてガレージバスケ&庭球で汗を流し、その後部屋でしばし読書して買ってきたCD(これがすごいのなんの、追ってレビュー書くことに・・)聴いて、近所の福助温泉に。そして、3連休の締めはやはり、鍋だ!今夜は、昨日おとといと、豪勢な高カロリー食が続いたので、湯豆腐、そして昨日あらかじめ、下荒田のオカムラで仕入れてきた絶品地鶏の刺身。しかし、ここで思わぬ飛び入りが。お義理母さんが毎月青森から取り寄せている、産地直送の海産物シリーズ、冷凍ずわいがにが、湯豆腐に加わり最終日を飾るにふさわしい豪華な晩餐と相成った次第。豆腐は湯豆腐用の絹ごし、野菜は春菊、白菜、ねぎ、きのこはしいたけ、しめじ、えのきだけ。法事会席、雲海さんのポン酢にゆずをおろし、熱々の豆腐とかにをほおばり、熱い焼酎を流し込めば、明日からの英気がふつふつと沸きあがろうというもの。美味かった!よし、もう、寝るぞ!さー、明日から、飛ばすぞー!

【本】ダ・ヴィンチ・コード 上 下

code_002ルーブル美術館には行ったことが無い。興味も沸かなかった。フランス?パリ?キリスト教にまつわる神秘?別に信者じゃないし、それよりニューヨークでしょ。ルーブルよりMOMAでしょ。キリストより、チャーリー・パーカーの・・・
 とんでもない。パリに、ルーブルに、ロンドンに行きたくなるではないか。今の現代社会におけるあらゆる西欧基準は、バチカンがつくったのか?国際ユダヤ組織がつくったのか?この壮大なる価値観の宇宙はいったい何?正直、何も知らないことに気づかされ、恥ずかしささえ覚える。実は、この本のこと知ったのは、先月、当地にピアニストYYがビータでいらして郷土史の先生とRちゃんと一緒に食事したときのこと。YY氏が唐突にこの本のことを語りだしたのだ。氏は、欧州を何度もビータで訪れ、その名所旧跡で行われるジャズフェスティバルに出演し、それらの歴史薀蓄にもお詳しく、氏の著作「ピアニストを****!」シリーズにも度々そのゆかりについて書かれている。その延長で鹿児島の石造り刑務所で・・・あ、ここではその話ではなく、「ダ・ヴィンチ・コード」。本にも欧州の教会寺院や美術作品についておびただしいトレヴィの泉にあふれているわけだが、恥ずかしいかな、「モナリザ」と「最後の晩餐」、そして秘密結社フリーメイソンと十字軍、そしてトンデモ陰謀本に必ずでてくる「シオン議定書」のことぐらいしか知らなかった。YY氏は言った。「美術作品について知っているととっても面白い」と。
 code
 しかし、そんな知らなくたって「モナリザ」と「最後の晩餐」、そしてフリーメイソンの存在知ってるだけで、十分に面白かったっすよ。年末年始のくそ忙しい中、就寝前の30分の時間で上下巻読了。
 来年、トム・ハンクスが主人公の歴史学者ロバート・ラングドン役で映画化されるらしい。謎めいた殺人、暗号解読、歴史ミステリー、息を呑む急速展開、映画化にはうってつけかも。テーマ的に、新しい大人のインディ・ジョーンズシリーズになりそうな予感。
 しかし、読了した人は決して結末を読んでない人に語ってはいけないな。これは。あー、映画化まで楽しめそう。。

【旅】突然の霧島家族温泉の旅

050108_010クリスマスから休まずに仕事して正月2日に休んだけど、G校卒業20周年記念式典対応で精根尽き果て、そのまま仕事してたら子供たちと冬休み、1日たりとて一緒に過ごしていないばかりか、何もしてないことに気づき1月6日木曜、「社長、明日休みます!」宣言。金曜からの3連休となったわけだが、突然、Rちゃんから「私も明日から休む!」メールが。1日目ミッテで映画見てアミュメシして門でカフェしてたぬき温泉行って地鶏ステーキ喰って・・・2日目は・・・思考をめぐらせていたら、Rちゃんより「温泉行こう」メール。「だから、たぬき温泉に・・」いや様子がおかしい。「こんなチャンスはないから、霧島に1泊で」と、突然、家族5人で霧島温泉1泊小旅行と相成った次第。大人だけなら風情のある温泉宿で温泉とめしと読書でそれ以外何もしないをしにいくところだが、子供を遊ばす目的で、大人も一緒に遊ぼうってことで、Rちゃんは速攻、霧島いわさきホテル「林田温泉」を予約。
 例によって早起きして、はやる気持ちのお出かけ準備がいつのまにか年末やってないクローゼットの大掃除に。なんとか出発してレンタカー借りて、霧島へ!お昼着いてそばと地鶏炭火焼ではらごしらえして、まずはエグゼクティブのたしなみ、乗馬。これからの厳しい世の中を渡り歩くには、馬ぐらいは乗りこなせなくてはならないのだが、Rちゃん以外は全員初体験。しかし、ボクは、持ち前のリズム感から、馬のステップにうまく体重を乗せることに快感を覚え、面白いことこのうえない。子供たちも抵抗感無く馬を操る。うん、将来有望である。駿馬を駆って大陸を制覇するのだ!
 ホテルにチェックインして、部屋でビール飲んで今度はボーリング。乗馬とは一転、低レベルな争いに。部屋に戻ってビール飲んだ後、温泉にゆっくり浸かって、めし。ビールでのどをうるおし、黒豚しゃぶ、地鶏に舌鼓を打つ。めし喰って終わりではない。行動的温泉旅行に欠かせないのはめし後の卓球だ。050108_018
トーナメント、勝ち抜き、それぞれ2回づつ、全てボクが優勝、力の違いをまざまざと見せつけ、子供たちはおばあちゃんと部屋で映画「ハムナプトラ」、ボクとRちゃんは温泉。露天風呂で係りの人「大丈夫ですか?今、気温0度ですけど・・」と言われ「大丈夫ですよー」そしてアロマテラピーへ突入。終わったのは12時前。それでもボクは部屋に帰らず、広間のマッサージチェアで読書「ダ・ヴィンチ・コード(下巻)」。何度かうたた寝してようやく部屋で就寝。
 
 朝起きてとりあえず温泉。めいっぱい朝飯喰って、子供たちは忘れないうちにと冬休みの宿題の絵日記、大人は読書。ボクは昼からバンドのリハ、長男Kは囲碁教室だったもんだから10:30にチェックアウトしてあわただしく帰ってきたのでした。

 しかし思い返せば、結婚して12年、家族全員でこんなお出かけしたことなかったような。。またボクがちょうど自分の子供たちの年齢の頃、ボクの父と母は毎年夏休み、忙しい中、ここ霧島林田ホテルに1泊旅行に連れて来てくれていたこと思い出し、せめて年に1回はこんな休み、しないとな、とRちゃんと誓った次第。
 明日は、家でゆっくり英気を養い、月曜からの熱く激しいビジネスモードに備えるとしよう。

2005年の計

あー、数少ない読者の皆様(「花と蛇」のレビュー書いてからSMファンがほとんど・・)
おくればせながらあけましておめでとうございます。
今年も週イチ更新を目標に日々の暮らしで感じる、音楽、映画、本、お料理のことなど書き連ねたいと思いますのでよろしくお願いします。
年末年始はクリスマスに休んだ後は元旦まで仕事して2日は自分が代表幹事の200名規模の同窓会で燃え尽き早速3日から仕事でどうみても今週はセーブ、今週末でリフレッシュして来週からの本格戦闘モードに備えているところです。ということで、毎年恒例、どこまでできるか、1年の計をブログで公開だ!このやろー!

■仕事
 1.毎月はじめ、財務諸表と貸借対照表を見る。
 2 *万加入にもどす。
 3.原則、平日16時間労働とする。

■対外活動
 1.RMO
  1.1 2月、5月、8月、11月の定期公演を確実に実行する。
  1.2 11月ホール公演を実現させる。
  1.3 2006年創立15周年記念公演準備にかかる。
 2.PTA副会長職
  2.1 委員の皆さんの顔と名前を覚える。
  2.2 より多くの行事に参加する。
 3.玉龍35期会
  3.1 35期会の組織化
  3.2 年2回の例会
  3.3 36期生20周年記念式典協力
 4. 平成私学校:同期生、2期生との交流
 5. さつま非凡塾:例会参加
 6. 7月九州発見塾参加

■生活習慣改善
 1.健康
  1.1 平日週3日以上禁酒
  1.2 肉脂肪食減、魚野菜系食事中心
  1.3 1日2リットルの水摂取
  1.4 週1回以上確実に食事後のジム運動を
  1.5 毎日の投薬
  1.6 4月、再度禁煙にチャレンジ
 
 2.感性
  2.1 週1冊読書(毎日30分の読書時間確保)
  2.2 週1本映画(週末の夜、確実に映画鑑賞時間確保)
  2.3 毎月1枚新譜CD購入
  2.4 薩摩の歴史学習
  2.5 5月種子島

 3.道徳
  3.1 毎日いろは歌斉唱
  3.2 子供たちと外で遊ぶ

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を