« 【食】あお丸ラーメン | トップページ | 2005年の計 »

【料理】韓流鶏鍋タッハンマリ

041226_0013日連続の家めしの最終日。今年は日曜夜の演奏やイベントは全部断って家族団欒に注力すべく、オリジナル料理を追求し続けた。今回はその最終日、しかし、夕方5時半まで中央駅前広場で演奏して、手持ち所持金は千数百円。これで何を買出しして料理仕込めるか?時間とコストが今年の自作家めしの最終テーマか?一考。そういえば、つい先日中央駅前広場に、韓国の俳優、誰だっけ?ペじゃなくてキムじゃなくてとにかく誰か来て、広場は8千人の女性ファンでごったがえしたらしい。巷では韓国ブーム。そうだ。あの鍋つくろう。「韓流鶏鍋タッハンマリ」タッ(鶏)ハンマリ(一匹)。おー、これならスピード調理、家族5人分で2000円でおつりが来る。決めた!

もう3年半前、Rちゃんとソウルに食とジャズとブロードバンドの旅に2泊3日で行ったとき、プルコギや朝粥、石焼ビビンバ、観光客ではなく地元民が行く美味いといわれる店を訪ねて喰ってそれらもどれも美味かったけど、イチバン印象に残った料理がこのタッハンマリだった。東大門だったかその辺で店、探した、探した。そのお店でのこと、面白いネタ満載なんだがココでは割愛。そのお店のガイドはココ。よくわかんない日本語でつくったサイトはココ。とにかくその鍋うまかったのでこりゃ家でもせないかんと、例によって舌がそのレシピを持ち帰り、今に至るわけでございます。

我家のレシピ(鶏一羽丸ごと鍋で調理するソウルのお店のレシピとは異なりますが味はほぼ同じ)
まずは鶏のブツ切りをよく洗い、水を張った土鍋に入れ、つぶしたにんにく、しょうがも鍋にぶち込み火にかける。野菜はネギ、水菜、えのき、とうふ(これだけでもかなりシンプルな鍋であることが伺えるが、本場ソウルのはネギと鶏の腹に入ったじゃがいものみ)。炊き上がるまでアクをすくいとる。鶏が炊き上がったら野菜を入れて、ゴマ油を垂らし(コレは我家オリジナル)喰うわけだが、味はテーブルの調味料でつけタレを好みでつくって食す。酢と醤油にコチジャン、カラシを混ぜながら喰う。鶏とネギの美味さ、相性は絶妙である。飲み物は韓国も日本も焼酎。かなり焼酎がすすむ鍋です。しめはチャンポン。とんすいのツケダレを捨ててそこに塩をひとつまみ、鍋のチキンスープを入れ、ゆだったちゃんぽんをすくいとりながら喰いますが、これに薬味としてブラックペッパーが合います。しめといいながらますます焼酎がすすみます。喰って飲んで夕べは久しぶりに8時間寝ましたよ。
今年も残りわずか。今年は日曜の家族晩餐が1週間のイチバンのエネルギー源でした。ありがとう。

« 【食】あお丸ラーメン | トップページ | 2005年の計 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【料理】韓流鶏鍋タッハンマリ:

« 【食】あお丸ラーメン | トップページ | 2005年の計 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を