« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

【音楽】バードランド@MJO最新作

041123
 自分のブログのアマゾンアソシエイト(ココの左にバナーあるだろ!買って買って!)から本やCDが売れると売上金額の3%が貯まっていって1万円を超えると口座に入金されるわけだが、1500円の本で計算すると223冊売れるとそうなる。かなり長い道のりと思えるが、自分で223冊こっから本買おうと思えばそう大変でもないし、さらにうちのRちゃんやココの常連さんで・・って考えると意外と大変でもない気がしてくる。自分で買う場合、3%割引で本買ってるってことになるんだから悪い話ではない。で、自分のアマゾンアソシエイトから本(京極夏彦著「豆腐小僧」)とCD(このバードランド)買った。でもなんかアマゾン代の出費は増えるかもな。
 で、このMJO(マンハッタンジャズオーケストラ)の最新作「バードランド」。RMOのアレンジの素材のひとつとして今までチェックしてきたが、CDははじめて買った。アレンジ、アンサンブル、そしてアドリブソロというビッグバンドジャズの三位一体の醍醐味は十分体感できるが、選曲、ここまで日本人向けにせないかんかなー?バードランドとチキンという学生ビッグバンドを経験したものは誰でも一度は通る道を、意外性のあるテンションの効いたアレンジで料理しているのはナルホド!しかし、セプテンバー・・・・熱帯ジャズ楽団のほうが、10倍いいよ。メロのアルトのうたいだし、寒気が走ります。これ、残念!
 ウェザーリポートのデイニア、ポピュラーソングのフィーバーはいいですねー。圧巻ははじめて聴いたドラムのテリー・シルバーライトっつー兄ちゃん。ラストのシングシングシングのドラムはカッコエエね。
 聴きたい方は左のアマゾンから買ってー!


【料理】イタリアンセッション

041122_003
2年前Rちゃんがイタリヤで買ってきたパスタが今月末で期限切れとのこととお義母さんがコンビニでボージョレ買ってきたので、RMOのリハの帰りに品揃えが豊富な西田の山形屋ストアで買い物して、夕食はイタリアンセッションとなった。まずは、鯛のお刺身のカルパッチョサラダ。ちぎりレタスの上に鯛の刺身を敷き詰め、エクストラヴァージンオイルとハーブ岩塩を垂らし、パセリ、パルメザンチーズをふりかけ、レモンを絞って食す。
041122_005
ワインはロックオデッセイ録画したお礼にA☆さんからいただいたフランス産白とコンビニ産ボージョレ。まずは、白から空けてカルパッチョと飲る。美味い。あー、幸せ。。
041122_004
続いて牡蠣のチーズ焼き。刻んだにんにくをフライパンのオリーブオイルにぶちこみ小麦粉まぶした生食用の牡蠣をその中で軽くソテーして飲みかけの白ワインバシャバシャかけてチーズ乗っけて30秒蒸してできあがり。カンタンカンタン。美味いねー。白ワインすすむすすむ、もう空きそう。
041122_006
なくてはならないのがガーリックトースト。オリーブオイルでソテーした刻みにんにくをバター塗ってトーストした厚切りバケットに乗せてパセリを散らすだけ。超カンタン。あー、誰からもお料理教わってないのになんて美味しいの!?アタシ、イタリアンの天才!?
ココで白ワイン少し残し、コンビニ産(<しつこい・・)ボージョレ、ライトボディを抜く。
041122_007
メインデッシュは、ホタっていう白身魚の水菜アクアパッツァ。うろこを取った皮身に格子状に切り身を入れハーブ岩塩を振り、にんにくスライスをソテーしたオリーブオイルの中に半身ごと皮身から投入、皮身をこんがり焼いて裏返し残った白ワインを贅沢にドボドボ。そのうえに水菜をドサと置いて弱火で7分。魚のフォン(ダシ)とにんにく、水菜の水分が混ざり合い、なんとも美味なスープの香り、絶品中の絶品。クッキングパパが本場のイタリアンシェフを凌駕した瞬間である。家族全員「美味しい・美味しい」を連発。
041122_008
締めの第1段は、Rちゃんが2年前イタリア行ったとき買ってきた今月で賞味期限切れのパスタ2種。まずは、唐辛子練りこみパスタをシンプルにハーブ岩塩とにんにくとカイワレで食す。湯で時間7分、最高のアルデンテー!なんとさわやかな辛さ。美味い、美味い。ボージョレがぶがぶ。
041122_010
まだ食うぞ!最後は、イカスミ練りこみのパスタ。これもハーブ岩塩とにんにくとカイワレで食す。美味いんだが、家族全員食うペースが落ちてきた。あー、タントタント!食うも食ったり書くも書いたり。ははは。

【食】自然食バイキング「野の葡萄」@アミュプラザ

041121_006
ミッテ10で映画見た後、先日お見事花園への切符を手にしたG高校同期会の例会を済ませ、例会参加者とその子供2人総勢9名で食事しようってことで再度アミュプラザへ。6FのモビーディックなるレストランでKへびが演奏してるの冷やかしに行きたかったんだけど、Kへび人気か、超満員で1時間待ちとのことで、5Fの自然食バイキング「野の葡萄」へ。大人2200円でバイキング、もちろんとり放題食べ放題。お店自体がこぎれいなつくりなのでバイキングにありがちな雑多な雰囲気ではなく、食い散らかし状態が苦手な方にもコンディションはよい。でも、これも連れが女性半分だったからかもな。男だけだったら悲惨だったかもしれない。でも、お料理は結構いけてましたね。こんなに食うかよ、って言いながらかなり料理を追加、ビール、焼酎もすすみ、最後はきのこカレーと味噌汁で締め。来年正月の同窓会のこと、家庭のこと、仕事のこと、話題は尽きず、楽しくごはん食べられました。気の合った仲間とうまい料理と酒、ありがたい時間を過ごせましたね。満足。でも焼酎黒ぢょかの軽量に疑問・・・クレームつけたら値引いてくれたけど★★★

【映画】コラテラル@ミッテ10

collateral
 鹿児島中央駅横に9月オープンした九州最大の駅ビル「アミュプラザ鹿児島」内のシネコン「ミッテ10」のオープン招待券があたったまま未だに行けていなくってようやく来れたわけ。今回は初ミッテということで作品を観に来たっつーより映画館を観に来たって趣き。時間に余裕を持って出かけたつもりだったが入場の勝手がわからず結局ギリギリに。全席指定なんだけど「なるべく前で真ん中」ってリクエストしたら、もっと前も空いてたんだが、自分より前に誰も居ない、横にも誰もいない、っていう贅沢な座席指定に感激。劇場に入る前にはカウンターでレギュラーセットなるコークとポップコーンのトレー(450円)を購入し、劇場内へ。やはり最新の設備。実際前にお客さんは居なかったんだが、居ても全然視界に入らない。シートも座り心地良し、後頭部まで支えてくれるからラクチン。ドリンクホルダーは当たり前だが、ポプコーンを置くホルダーがあれば最高。
 ところで肝心の映画「コラテラル」だが、相変わらずトム・クルーズのプロ根性には頭が下がる。冷酷な殺し屋を何の違和感もなくクールに演じきっている。仕事(殺人)が早く片付いているといって仕事の巻き添え(コラテラル)を食わされているタクシードライバーをジャズクラブに誘いジャズに関するうんちくをたれ、トランペッターに酒をおごりそして・・ここがジャズファンにとってもとらなくても緊張感が最大限に張り詰めたこの映画のイチバンの見所。しかし、ストーリー全体は、なんの必然性もない展開が折り重なっての結末にちょっと物足りなさを感じたかな。
 トム・クルーズのクールさを楽しむ映画か。。★★★

【食】うなわさ丼

0409119_001
ほんごさとこライブの当日、荒田八幡WORKSで散髪して打ち上げまでエネルギーを持続させねばとちょい遅めの昼食を下荒田のうなぎの名店「松重」でとることに。この店の対面にも「大吉」なるうなぎやがあり2店舗ながらうなぎの激戦区であるが、食べ比べるとその差は歴然としており、味、風味、風格、接客接遇、いずれも「松重」に軍配が上がる。そして味もさることながらひとひねりしたメニューの秀逸さもココの魅力。そのひとつがこの「うなわさ丼」。センスの良い器(丼なれど、これ丼ぶりではないぞよ)に軽く盛ったごはんのうえにきざみうなぎがつつましやかに乗せられ、周りにネギが散らしてある。うなぎのうえには大葉とかいわれがドサ、さらに野沢菜が申し訳なさげに頂点に。
そして、わさびだ。これをまぶしながら喰う。ウマイ!美味い!激ウマなのである。はしやすめのサラダもあっさりタレで口の中をさわやかにリセット。またうなぎとわさびとごはんのハーモニーをひきたてる。税込み1600円。
これがあったから当夜の演奏もスィングし、打ち上げまでもったし、打ち上げの料理がサンドイッチでもなんら支障がなかったわけである。

鹿児島市下荒田かぎん荒田支店裏うなぎの松重

【ライブのお知らせ】ほんごさとこ&上田孝トリオ(おバカ3)

hongo
ジャズボーカリスト ほんごさとこ
http://www.h5.dion.ne.jp/~s-hongo/

 2年前の日韓ワールドカップ開幕前夜、六本木の高級ジャズクラブで偶然出会い(ホントはネット上で知り合った・・)ボクと同郷ということで意気投合、とびきりの美人であるだけでなくうたも美しく、ボーカルサウンド自体が聴く者の胸をキュとしめつけるような心地よい苦しさを伴わせる。同伴したふくぞうくんと気分うっとり、高級ジャズクラブなので超高いビール小瓶チビチビ飲りながらも、そのまま来年秋に里帰りライブをってことで交渉成立、で、昨年第1回目をやった里帰りライブの2回目です。
 うたばんは天文館の夜を楽しくする「おバカ3」こと上田孝トリオ。

♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪
ほんごさとこ&上田孝トリオ(上田孝p、前薗 健一b、森田d)
11/19(金)19:30開演@明日の地図(099-227-0080)
前売2800円ワンドリンク付<安い!
♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪

ジャズボーカル、そしてうたばんってこうなくっちゃ、ってのをたっぷり演ります。
どうぞ!チケットのご予約は、mojazz@po.synapse.ne.jpまでメールください。
昨年は立ち見が出て大変だったので今年こそはご予約とお早目のご来場、お待ちしております。

更新停滞中・・・

更新が滞っておりスイマセン。
仕事はもちろんなんですがここんとこ、なかなか自宅でパソコンに向かうっつー精神的余裕がなかったりします。
ここ2週間のイベントごとにコメントを・・

・平成私学校
 昨日閉校式、留学した3人の報告会ではインドに行ったNちゃんの話に胸を打たれたな。イタリヤに行ったKoiawaちゃん、スイス、ドイツに行ったTくんも留学前より立派になって、、。打上ではインドのこと思い、余った料理を折りに包んで持ち帰り、Rちゃんと喰いながらまた私学校ネタで飲んだ。

・門
 私の知る限り唯一残るジャズ喫茶「門」で大音量ジャズに浸る。快感。

・玉龍高校卒業20周年同窓会
  出欠ハガキの回収率上げるために臨時委員会開催。遠方からの同窓生の手紙に涙。

・結婚式
 部下の結婚式で自分たちのこと思いさらなる感謝。
・お別れ
 同級生の急死、御通夜で飲み明かし、告別式で棺を運び、深い悲しみとともに亡き友から今からの自分に対するメッセージをきいた。ありがとう。ここでも感謝。

・舞台
 黒テント劇団「ぴらんでっろ」公演に。自分らを舞台で演じて欲しいが役は自分でなければ・・と苦悩する斉藤晴彦。舞台は映像で見ると全然つまんないが、ライブはやっぱりいいなあ。と痛感。

・本
 最近、読書ペースが極端に落ちた。
 「人生に奇跡を起こす放射思考」トニー・ブサン>マインドマップの解説書。
 「アナーキズム」浅羽道明>アナーキズム=無政府主義って知らなかった。ハズカシイ。
 3週間ほどかけてやっとこの2冊。遅い。遅すぎる。

・映画
 「死ぬまでにやっておきたい10のこと」それなりに感動したけどラストはアッサリしすぎか。
 映画もすすまぬ。。
 
これぐらいにしとこう。またしばらくしたらしっかり書きます。

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を