« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

【講演会】鳥肌実時局講演会

041025_001
 一昨年だったか、この「鳥肌実」なる人物の講演会のポスターを見たとき、「ナンジャコリャ??」と思ったのが、実はこの鳥肌実の術中だった。見た目、極右の活動家。ポスターも新宿の街頭でよく見かける黒地に白文字で中央に日の丸、というどこから見ても右翼の宣伝ビラの様相を呈している。アンテナが鈍感な人は、ただのとち狂った右翼街宣家だと思うことだろう。そしてその講演を見ずに一部の情報だけからその講演内容の一部を聞くと、きっと気分を害することだろう。しかし、アンダーグラウンドブラックユーモアを感じ取ることの出来る敏感なアンテナに対し「コレはフツーじゃない・・」こう思わせることが、実は鳥肌実の戦略。おまけに「私はお笑い芸人です」「テレビでは見れません」こういった一風場違いかつ的確なコピーが、いやがおうにも、マスコミの垂れ流す何の起伏も無い画一化した芸能情報に辟易としている若者をつかもうとする戦略が垣間見える。はずだった。。

 ボクは今回初の鳥肌講演会、噂によると、勘違いしたモノホンの右翼関係者や抗議活動のための左翼関係者も会場にはたくさんつめかけ、野次と怒号の騒然たる雰囲気で講演はすすめられる、と聞いていたが、ところがどっこい、会場は20歳前後のフツーの若いお兄ちゃん、お姉ちゃんたちばかり。鳥肌先生のギャグに素直に反応している。これには鳥肌先生もすっかり肩透かしを食ったか、なんか最後までエンジンがかかりきらなかったかのような様子。それなら、と君が代を熱唱し、軍服で日本刀を振りかざして「皇居に向かって敬礼!」と絶叫して見せ、恐怖心を与えようとしたが後の祭り、すっかりなごやかな雰囲気に、帰りしなの若者は「いつもよりおとなしかった?」といった反応。
 ボクももっと過激な演説芸に期待していたが、創価学会、重慶の中国サッカーサポーター、韓流への批判などなんか普通の論調に終始し、「主張にご賛同されますか?」とのアンケートに「主張が普通すぎて面白くない!もっとネタに特化を!」と苦情を書き記した次第。
 しかし、笑えるところは随所に用意されており、90分に及ぶたった独りの演説芸、これは他に類を見ないオンリーワンな芸風と高く評価できる。会場で演説DVD購入。ネットで買うと送料税込みで3100円なのに、なんと2000円でポスター付(とても部屋には飾れない・・)!
 今後の活躍に期待。
 
 

【料理】キムチ鍋

041020_011
怒涛の2日間連続ライブを終え、ようやく家族そろっての晩飯だ!長男のリクエストで我家オリジナルキムチ鍋。この鍋の目玉は手作り餃子だ。今回は皮をこねる時間が無かったので市販品で済ませたが、タネは今年の夏、惜しまれながら閉店した(新聞記事にもなった)甲東中前の北京亭直伝の水餃子のタネをマネたもの。つってもあの中国人のおじいちゃんに教えてもらったわけではない。ボクの特技のひとつに美味い料理を喰うと舌がそのレシピを記憶してしまうという優れた才能がある。その才能をフルに使い、普通の餃子のタネがあいびきとニラとか白菜とにんにくなのに、北京亭のはそうではなく、とりひきにくとねぎとしょうがとごまであることを識別。それに、塩こしょう少々、酒、ごま油で風味を整え、贅沢にたまごの白身でタネ全体をつなぐ。これを皮につつむわけ。
041020_013
だしはキムチ鍋の素より、桃屋のキムチの素がベスト。トリガラだしをとって、そこにキムチの素をぶち込み、料理酒でまろやかさを出し、豚バラ肉でコクを出す。これで、水餃子、ねぎ、とうふ、はるさめ、ニラ、えのきだけ、白菜を食す。さ、できあがり。水餃子がゆであがるまでのビールのあては、屋久島産首折れサバ!美味い!青魚は美味い!そして水餃子が茹で上がったのを確認して全員で鍋をつっつく。熱い、美味い、楽しい、うれしい。この辛い鍋には真冬でも焼酎ロックだ。

感謝の気持ちがまたやる気を奮い立たせてくれる。みんな、ありがとう!

【ライブ】RMOサタデーナイトスィング@コロネット

041025_006
 2ヶ月に1度のRMOコロネットライブももう5回目。今回の趣向は、アコースティックサウンド。マイクはピアノに突っ込んだだけであとはフル生音で演りました。っつっても、ボクの30分遅刻を上回る某ベース&PA担当の2時間遅刻によりPAなしでリハ演ってみると、「なかなかええなあ~」ってな感じになり、ベースが入ってからもいつもよりベースの音量ぐぐっと絞らせて(自分の音が聞こえん、ってボヤイてたが・・)お客さんに生の音を伝えるよう、神経を集中して演奏。これが功を奏して、すっごく力の抜けたいい演奏になった。
 打ち上げでもこの話題で持ちきり。あとは、コロネットのオーナーに指摘されたごとく、メンバーの個性をもっと発揮できるようにせねば。。
 やはりジャズは生に限る!

【生活】つかの間の休息

041025_002
 2連休なのはいいんだが、2日間ともライブ出演の強行軍。ライブとライブのつかのまの休息、久しぶりにこどもたちとの時間が取れた。でも、車はないし、ライブの準備もあるし遠くには行けまい。午前中は部屋の片づけして、メシ何喰うか、何かつくろうと思ったが疲れてて舌に自信がない。仕方ないので親子3人で近所の吉野家に行って豚丼とか牛鉄鍋膳とか喰って、帰ってきて、庭の木陰で読書しようってことに。こどもたちは学校の図書館で借りてきた(っつーか借りてこさせた)本「おさるのぼうけん」と「(なんか宇宙モノ)」出して読み(読ませ)、ボクは冷蔵庫からツードッグス出してチビチビ飲みながら読みかけの「アナーキズム」読んだ。こどもたちは黙々と読書にいそしんでいたようだが、ボクは酔いも手伝い、いい気分でそのまま爆睡。目が覚めたのは午後4時半のもうそのときすでにRMOライブの会場入り時間。あわててもしょうがないので、遅れますコールして悠々と会場入り。(2時間遅れのつわものも・・)
 爆睡のおかげで疲れも取れ、大変リラックスしたいい演奏でした。

【ライブ】大口純一郎トリオ&オフビート

ookuchijun3
大口純一郎WEBサイト
http://www.jun-ohkuchi.com/
 2000年に中山さんがパノニカやめて自分の店がなくなったけど、キャパルボやコロネット、明日の地図をはじめ地元ジャズファン達ふくめた中山さんの理解者、支援者の方々のおかげで、今も中山さん口ききのライブが楽しめる。中山さんがスィングするとバンドもスィングし、その結果、お客さんもみんなスィング、ハッピーな時間が訪れる。この日も今、東京でイチバンいいピアノトリオと言われる大口純一郎トリオの繊細かつ重厚なピアノトリオサウンドと、その前座でボクがドラムでサポートするオフビートの熱く激しいハードバップサウンドで、みんなが音楽幸福を味わった夜でした。
 大口トリオのベースは本田竹広や板橋文夫、大西順子など個性派ピアノストを厚く光らせることで定評のある米木康志、ドラムは35歳にしてプロ20年選手、本田珠也。やっぱ、3人の音がいい。大口さんのエリントンナンバーは、今まで感じたことのないエリントンの快感。米木さんのベースも味わい深い。しかし、ドラマーのボクにとってやっぱり、珠也のタイコはカッコイイ。オフビートもリハーサル積んだだけあって、その成果が発揮できたと思う。

 そんでそんで、やっぱりライブは打ち上げまで込み。2バンドのメンバー同士、プロアマ関係なく音楽、ジャズの話できるの、楽しいねー。大口さんは相変わらず、打ち上げになってからのほうが元気になるし、あんなにしゃべる米木さんもはじめて見たし、仏頂面の珠也とみんな帰ってからいろいろ込み入った話して昔から彼知ってるけど、なんかようやくお互い打ち解けたって感じでよか晩でした。

 やっぱり、ジャズは演ってるほうが楽しいんだ!
 

【映画】野獣死すべし

yajyu
 ここ2週間、仕事とバンドのリハーサル及びその準備やらでなんら読書、映画に時間とる余裕なく、エンターティメント渇望症気味。今夜こそ映画見るぞ!と、Rちゃんとの晩飯(今夜はぷりぷり秋刀魚と地牡蠣酢。美味かった!)会話も早々に切り上げ、宅内映画館にこもる。んーん、なんか日本映画見たい。日本映画といえばヤクザ映画か角川映画。よし、「野獣死すべし」。大藪晴彦原作、松田優作主演。
 WEB調べによると原作が出版された1958年から10年後、今も未解決の三億円事件が起き、手口がこの作品にソックリとのことで、物議をかもしたらしい。映画化は1980年。ボクが中学3年生か。
 映画が進むにつれて大昔見た記憶が蘇る。もとより覚悟していることだが、「松田優作」この圧倒的な存在感はいったい何なのだろう?そしてその脇を固めるキャストたちも、それに巻き込まれるように鋭気放出しまくりの存在感を放つ。相棒の鹿賀丈史の若さ溢れるキレっぷり、相変わらず渋すぎる刑事役室田日出男の迫真の演技、麗しの美人アイドル小林麻美の可憐さ。どれも1980年という時代を色濃く映す映像背景から今見てもまったく色あせすることなく強烈な個性をぶちまけている。特に列車の中での松田優作、室田日出男のやりとりは圧巻。しかし、小林麻美のあのうるんだ目で見られたら、男、どうよ。それをなんのためらいもなく殺す伊達(松田優作)。ゆ、許せん。ありがとう、柏木刑事(室田日出男)。

 しかし、映画見てここに感想文書くのって、そのためにWEB検索でいろいろ調べるんだけど、その結果いろんな意外な話が発見できて、コレ結構面白いな、と思う次第。松田優作以前に仲代達也、藤岡弘、優作以後に木村一八でも映画化されてるって知らなかったなあ。

 ああ、今夜(っつーか明朝)はWOWOWでゴッドファザーがⅠ、Ⅱ連続であるよ。どーしよー。。

【お知らせ】10/22オフビート&大口純一郎トリオ@CAPARVO

先週は残業続きで何ら読書、映画、音楽関係の更新が出来ず、急に涼しくなってしまったら、持病の副鼻腔炎が再発し、鼻ズルズルで昼休みは会社近くの耳鼻咽喉科に行ってネブライザ吸引治療中のmojazzです。
ところで、10/22(金)は、mojazzが久々にサイドメンとして出演するオフビートのライブが、大口純一郎トリオの前バンで演ります。

イベント名:大口純一郎トリオ JAZZ LIVE
       オープニングアクト OFFBEAT
日時:2004年10月22日(金)19:00より
場所:CAPARVOホール
チケット:前売り税込\3,500(要ワンドリンクオーダー)当日\4,000

解説:
 オフビートは国道225沿線で活躍するジャズグループ。Tあきら(P)のオリジナルアレンジで、Kへび(SAX)を中心とした3管(AS,TS,TP)編成で独創的なジャズアンサンブル、触るとやけどしそうな熱いインタープレイを聴かせます。もちろん、ワタシの変幻自在な変態アブノーマルドラムプレイも必見です。
 大口純一郎トリオは、今、東京で一番イイ、ピアノトリオ。ミュージシャンの誰もが認めます。

ジャズ好きな方はもちろん、ジャズなんて・・と偏見をお持ちの方こそきっと楽しめる夜になります。
チケット前売り予約の場合、当日窓口引き換えでOK。
ご予約は、メールにて受付中。 mojazz@po.synapse.ne.jp まで。   

【お知らせ】菖蒲学園フェスタ人もの心

本日10:00より吉野町の精神薄弱者施設菖蒲学園にて秋のフェスタ人もの心が開催されます。ボクのバンド、RMOは、10:00のオープニングと、12:00のオンステージで演奏します。障害者と健常者の共生をテーマに、もう10年以上出演しています。ジャズにビールにやきとり、たこやき、やきそば。そして歌と踊り、楽しいですよ。お近くの方は是非、お出でください。

【料理】運動会弁当

041003_005
本日の運動会弁当の力作の数々・・
・唐揚げ(定番、生姜醤油つけこみ)
・たまごやき(これも定番、大好物ねぎを刻み込む)
・ウィンナー(これも外せない、切り込みいれてソテー)
・うずらたまごつみれ揚げ(うずらのたまごをつみれで包んで揚げる)
・牛肉の筑前煮(甘辛く炊き上げます)
・にしめ(大根、人参、昆布、厚揚げ、さといも、おばあちゃんの味)
・昆布巻き(噛むととろとろの昆布が美味い)
・ささみチーズ巻き揚げ(居酒屋かい!?)
・しゃけハラミ焼き(焼酎が・・・)
・つけあげ(だから、焼酎、出すなって・・)

ここまでで。ビール2本。
あ、あと、わかめおにぎりゴマ増量ね。
お疲れ様でした。

【家電】もう秋というのに・・

041003_001
 Rちゃんが退院して、2週間の自宅療養中に何するか、っていろいろたくらんでるらしいのだが、そのうちピアノ弾いて、映画見るっつーの。ボクの趣味部屋(シアタールーム)には、ピアノとドラムがあって、音楽聴けて5.1CHサラウンドと80インチスクリーンで映画も見れるわけだが、ピアノ弾き始めた初日に、もう秋だっつーのに「この部屋、暑い・・」で、エアコン購入と相成りました。(簡易防音室の二重壁で無窓なので、夏はサウナとして利用可能と思われるが試していない。夏前に入院させときゃよかった・・)
 しかし、資格試験の勉強するからって、勉強室にエアコン買い、(http://mojazz.air-nifty.com/molog/2004/08/post.html)ピアノ弾くからって趣味部屋にエアコン買い、相変わらずなかなか豪快な金銭感覚です。
 写真の奥の機械は、無窓部屋ってことで建築時につけた防音換気扇。
 しかし、これで家、建築して2年で全室冷暖房完備となったわけだが、なんか「こんなことでいいのだろうか・・」という不安がぬぐえなくもない。。ま、節約を心がければいいか。家にいれば、飲み代もかからないし。本も映画も新規購入より、家のストックから消費しようと考える今日この頃でした。(しかし、CDの新規購入ははずせないか・・)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を