« 【アート】TOIRO展 | トップページ | 【古典芸能】茂山狂言だー! »

【学ぶ】大坂昌彦ドラムクリニック

040828_001
ジャズドラマー大坂昌彦
http://www.masahiko-osaka.com/
鹿児島の楽器屋さん十字屋主催の大坂昌彦さんのシークレットクリニックに参加。参加者は十字屋でドラム教える大久保しげちゃんの生徒さんを中心に10数人の男女若者たち。大坂さんはUSから帰国当時は、バークリー帰りの新進気鋭若手ドラマーとして鳴り物入りでデビュー、ジャズ界のトップスターだった。(あ、今でもね。)旧パノニカでもマサちゃんズで来てもらって、伝統と基礎に裏打ちされたその超絶テクに唖然としたなあ。
で、今回のクリニック、いきなりボクが指名されてセットに座り、さらしものにされたんだが、なんかトクした気分。
クリニックの要約!
1.フェザリングを忘れない!(ベードラの超ピアニシモ4分音符打ち)
2.コール&レスポンスの発展形(スネアドラムのアクセント練習)
3.Swing beatは、1,2,123 Tinger ring,Tinger ring,Tinger ring,
 チーチッキ、チーチッキじゃないよ!
4. ger ring のダブルストロークは、シンバルのバウンドとフィンガーコントロールで
5.ジャズドラムの歴史と伝統を理解せよ
6.ドラマーはバンドのムードメイカー!
7.唄いながら練習せよ!
記念写真
osaka
打ち上げでは東京のジャズ状況や、K子さんの話題で盛り上がりました。
やっぱり、ジャズドラムはカッコイイ!


« 【アート】TOIRO展 | トップページ | 【古典芸能】茂山狂言だー! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【学ぶ】大坂昌彦ドラムクリニック:

« 【アート】TOIRO展 | トップページ | 【古典芸能】茂山狂言だー! »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を