« 映画「刑務所の中」 | トップページ | マイケルムーア「アホでマヌケなアメリカ白人」 »

薩摩琵琶「薩摩義士伝」

040717_005
薩摩武士の三大必須科目が一撃必殺の剣法、野太刀自顕流、竹を切り削り自然を奏でる笛、天吹、そしてこの薩摩琵琶である。無骨をもって千年以上にわたり中央封建と対峙し、明治維新を成しえた薩摩武士たちの三大必須科目のうち2つが音曲(おんぎょく)、すなわち音楽であったという事実を恥ずかしながら最近知った。で、近所の青年会館艸舎
http://www.sosya.or.jp/
で行われた「さつまのガラッパどん」というイベントでの薩摩琵琶を聴きに子供らをひきずり行った。艸舎の駐車場にござを敷き、周りではヨーヨーやら売っててちょっとした夏祭り気分(ビールが欲しい・・)。薩摩琵琶は琵琶の演奏と歴史伝のうたと語りによる複合芸術。今夜のお題目は約250年前の薩摩藩士らによる木曽川治水工事の悲劇を語った「薩摩義士伝」。演者は、龍洋会の伊藤政夫さん。ベン!というバチの響きで緊張と静寂が頭脳を刺激し、脳裏に250年前の藩士の苦悩がまざまざと蘇る。無理難題超理不尽な幕府命も、半端な工事をしては薩摩の恥と、総奉行平田靱負は工事を完遂、しかしもともと無理な工事、自然予算超過した責を取り、自刃する無念。このような激しいリーダー像って現代に見られるものか。。

« 映画「刑務所の中」 | トップページ | マイケルムーア「アホでマヌケなアメリカ白人」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

岐阜県と吹奏楽で交流したことを思い出しました。
薩摩琵琶はまだ生で聴いたことないなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩琵琶「薩摩義士伝」:

« 映画「刑務所の中」 | トップページ | マイケルムーア「アホでマヌケなアメリカ白人」 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を