« 白洲次郎 | トップページ | 【家電】エアコン付いた! »

【映画】さらばモスクワ愚連隊

先日ゴリさんの店PONTAに寄った際、「富樫出てる、見るか?」と言われ、借りてきたモノ。富樫って1960年代に一世を風靡し、病を患ってからは車椅子で演奏活動続けてたドラマー富樫雅彦さん。2年ほど前にいよいよ身体が支えられなくなり演奏活動からは引退されたそうですが、今は絵筆を取られてるとか某氏から聞いた覚えが・・14年前1度だけ紀伊国屋裏の旧新宿ピットインの最前列で車椅子に座ったままの圧倒的な打楽器世界を体験できたこと、しっかりボクの記憶に刻まれている富樫さん。そんな若かりし頃の富樫さんが健常な状態でドラム演奏し、しかも俳優として演技してるではありませんか!?主演は加山雄三、原作は五木寛之の青春ジャズ映画。日本映画データベース
http://www.jmdb.ne.jp/1968/cr000620.htm
で見ると、なんと、後ろでベース弾いてたのおまさん。。お元気でしょうか。う、う、。他の演奏も日野さんに宮沢さんに沢田さん、すごいメンバーばっかりだったんですねー。冷戦真っ只中のソ連モスクワで日本のジャズを演ろうっつー無謀な計画の中で、加山雄三がモスクワの不良少年を本物のジャズに目覚めさせようなどどいう設定はかなり苦しいんですが、ジャズファンにとってはなかなか楽しめる映画です。加山雄三が不良のミーシャに、「ジャズは生活なんだ、思ったことをやりたいように表現しろ!それがブルースだ!」と叫ぶのと、今夜BS2で見たトロンボーンの中川英二郎がイッセー尾形にトロンボーンのレッスンするとき言ってた「感じたままをイメージして吹く」がかぶったな。うーん、やっぱり音楽はキモはこの辺ですな。

« 白洲次郎 | トップページ | 【家電】エアコン付いた! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】さらばモスクワ愚連隊:

« 白洲次郎 | トップページ | 【家電】エアコン付いた! »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を