« 映画「神の街」R指定 | トップページ | 「坂の上の雲」司馬遼太郎 »

映画「パッチアダムス」

泣いた。泣きっぱなしだった。はじまって10分後の指4本の話から泣きつづけた。医者の権威主義を否定し、患者と同じ目線でお互いの人生の価値を高めることが医療であるという新たな価値観を創造しつづける医師パ

ッチ。過去の既成概念にとらわれるな。物事を違う角度で捉えると新たな価値が生まれる。浣腸バルブを鼻にさし、お互いの人生の価値を高めるために助け合い、夢を追い、心豊かに暮らそう。元気になる高密度なビジネ

スセミナーに参加したような映画。

コレも実話とのこと。こんな土壌があるのもアメリカ。

« 映画「神の街」R指定 | トップページ | 「坂の上の雲」司馬遼太郎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パッチアダムス」:

« 映画「神の街」R指定 | トップページ | 「坂の上の雲」司馬遼太郎 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を