【受容】令和2年度文化芸術による子供育成総合事業@伊集院北小ドラムサークル

129912108_2736627786654619_1040532230180 ・2020年12月8日(火)5.6校時 14:15~15:55
・日置市立伊集院北小学校体育館にて
・参加者:全校生徒約60名+先生方
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、ともひろ
・ご依頼:特定非営利活動法人かごしま子ども芸術センター様

 2学期に集中的に実施させていただきました、文化庁からの受託事業ドラムサークル本年度7校目にして最後の伊集院北小学校。奇しくも世代は違うも、先週実施の水引中学校と同様の3学年約60名による2校時実施というケースとなりました。
 水引中同様、アフターコロナのドラムサークルで主眼としている「無」から「美」への過程を共有し、各個人の自由な選択が全て尊重された音表現による調和をつくりだす。この意図で全体をファシリテート(目的を容易にする)させていただきましたが、冒頭のオリエンテーション後の1stセッションは、スマイルファシリテーターのみわさんにF(ファシリテーション/目的を容易にする)をお願いしました。

 途中ボクがFをみわさんからバトンタッチし、アフターコロナのドラムサークルで主眼としている「無」から「美」への過程を共有し、各個人の自由な選択が全て尊重された音表現による調和をつくりだす。この意図で全体をFさせていただきました。Dc201208_1

 テンポが乱れる、整うの繰返しからだんだんとエントレインメント反応が増幅し、同一リズムの心地よさに飽きてきたトランジションポイント(移行地点)を経由し次のシークエンスを提示すると、テンポを共有したリズムダイアログが生まれると、そこから自然と音の数が少ななっていき、メロディックセッションで音の楽園に辿り着くとニコニコ子どもたちの笑顔の花が満開でした。

 シーケンス(音出しの仕組み)として示した学年別の違い、座席位置の違い、楽器の音色の違いだけでなく、子どもたちそれぞれの反応の違いから、最終的に一人一人個別の違いを、子どもたちだけでなく、大人たちが受け容れ、つながりあうことの大切さを、子どもたちの即興演奏が教えてくれたセッションになった氣がします。
 またお役にたてますように。ありがとうございました。

【経験値】令和2年度文化芸術による子供育成総合事業@水引中ドラムサークル

128672235_3461668953910370_8395100092791 ・2020年12月3日(木)5.6校時 14:15~16:05
・薩摩川内市立水引中学校体育館にて
・参加者:全校生徒64名+先生方
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ
・ご依頼:特定非営利活動法人かごしま子ども芸術センター様

 過去2009年と2018年の水引小、2014年の水引小と水引中の合同と、ドラムサークル経験者の多い薩摩川内市水引校区。今回の水引中全校生徒64名によるドラムサークルも、参加者中2/3以上は経験者で、その過去の経験値のかすかな解放的記憶によるものか、中学校ドラムサークルにありがちな思春期における自由表現に対する委縮がほとんどみられない、とても豊かで美しい音の輪が生まれました。

 それでもアフターコロナのドラムサークルで主眼としている「無」から「美」への、各個人の自由な選択が全て尊重された音表現による調和。この意図で中学生全校生徒を一度にファシリテーション(場の目的を容易にする)するのははじめてでした。しかし、ドラムサークル経験者たちが、ボクの意図を十分に汲んでくれ、また初体験者もその経験者の反応に学ぶことで、とても多様性に富んだ豊かなアンサンブルができあがりました。Dsc_0211
 特に、最後の校長先生講評で、みんなが校長先生に褒められた後のハンドクラッピングドラミングは圧巻で、生徒たちは見事に「褒められることによる変化」まで体現してくれました。

 しかし、ボク自身はアフターコロナ以後、はじめての50人を超えるドラムサークルで、久しぶりの3列輪による参加者個別のコンタクト感がよくつかめず、生徒たちとの信頼関係づくりが希薄になってしまった反省が残りました。そこがセッションシークエンスの順位転換の判断ミスにもあらわれました。そこがうまくいっていればこの生徒たちは、もっと美しい音の調和を表現してくれたと思います。

 またお役にたてますように。ありがとうございました。

【挑戦】オープンコミュニティドラムサークルDrum Jazz 012

Dsc_0189
・2020年11月29日(日)10:15~11:50
・鹿児島県青年会館そう舎にて
・参加者:大人8人子ども2人
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、りえちゃん
・主催:リズムハート

 鹿児島市内コロナクラスター発生で8月順延のDrum Jazz 012、6月以来5か月ぶりの実施でした。
 今回はスタッフ都合とコロナ第3波の中で、スタッフ、参加者共に少数精鋭。そんな中、初参加2組もあり、その状況下で「今」のベストな選択を考えた時、ひらめいたのがスマイルファシリテーターみわさんに、セッションの全てのファシリテーションを任せ、もりぶーはサポートに徹し、みわさんのFに介入するのを極力ガマンするというチャレンジ。
 みわさん自身はもちろん、Fチームとしても「今」の扉を開き、「次」の扉をノックするいいチャンスになると思いました。
 F1stフェーズから2ndフェーズの場づくり、対人関係の段階は、みわさんの「今」を体現。ベースドラム不在のまま、参加者のハンドドラミングに寄り添い、得意のスマイルファシリテーションで、初参加者の緊張を解き、常連さんたちとの関係をつないでいきました。
 全座席と楽器道具消毒、休憩後の後半は、みわさん自身未知の扉を開けるF3rd4thフェーズの構造化、合意形成の段階。常連参加者様にベースをお願いすると、なぜかみわさん自身の音楽的専門分野であるサンバグルーブが・・・・・みわさん自身のF意図としては、ドレミパイプでほんわか行こうとしたはずですが・・・F意図のとおりには行かないのがDC現場。Dsc_0192

 みわさん自身もチームコミュニティとしても、挑戦し成長を得られたとても感慨深い、今年最後のDrum Jazz 012でした。
 思えば、コロナ禍により、予定6回のうち実施できたのは半分の3回しかできなかったオープンコミュニティドラムサークルDrum Jazz ですが、来年は予定通り6回実施できますように!!

【挑戦】オープンコミュニティドラムサークルDrum Jazz 012

Dsc_0189 ・2020年11月29日(日)10:15~11:50
・鹿児島県青年会館そう舎にて
・参加者:大人8人子ども2人
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、りえちゃん
・主催:リズムハート

 鹿児島市内コロナクラスター発生で8月順延のDrum Jazz 012、6月以来5か月ぶりの実施でした。
 今回はスタッフ都合とコロナ第3波の中で、スタッフ、参加者共に少数精鋭。そんな中、初参加2組もあり、その状況下で「今」のベストな選択を考えた時、ひらめいたのがスマイルファシリテーターみわさんに、セッションの全てのファシリテーションを任せ、もりぶーはサポートに徹し、みわさんのFに介入するのを極力ガマンするというチャレンジ。
 みわさん自身はもちろん、Fチームとしても「今」の扉を開き、「次」の扉をノックするいいチャンスになると思いました。
 F1stフェーズから2ndフェーズの場づくり、対人関係の段階は、みわさんの「今」を体現。ベースドラム不在のまま、参加者のハンドドラミングに寄り添い、得意のスマイルファシリテーションで、初参加者の緊張を解き、常連さんたちとの関係をつないでいきました。
 全座席と楽器道具消毒、休憩後の後半は、常連参加者様にベースをお願いすると、なぜかみわさん自身のミュージカリティフィールドであるサンバグルーブが・・・・・みわさん自身のF意図としては、ドレミパイプでほんわか行こうとしたはずですが・・・F意図のとおりには行かないのがDC現場。Dsc_0192
 みわさん自身もチームコミュニティとしても、挑戦し成長を得られたとても感慨深い、今年最後のDrum Jazz 012でした。
 思えば、コロナ禍により、予定6回のうち実施できたのは半分の3回しかできなかったオープンコミュニティドラムサークルDrum Jazz ですが、来年は予定通り6回実施できますように!!

【意図】豊かにする会ドラムサークル2020秋

Dc20112202 ・2020年11月22日(日)13:30~15:00
・姶良市陶夢ランド多目的ホールにて
・参加者:障がいのある方に携わるみなさま約30名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、ゆたか
・主催:姶良市障がい児の放課後長期休暇を豊かにする会

 毎年夏休みに実施させていただいている当リズムイベント。今年はコロナ禍の密回避のため、夏と秋の2回に分けて開催。その秋の回。
 姶良市は鹿児島市と霧島市の中間に位置する閑静な地域。加治木島津氏の拠点でもあり、歴史名勝の多い地域でもあります。イベント前に我々ファシリテーターチームは、NHK大河ドラマ西郷どんロケ地で有名になった龍門坂近くの龍門の滝そーめん流しでランチミーティング。美味しいエネルギーをおなかいっぱいチャージし会場へ。

 豊かにする会は、障がいのある方やそのご家族、その支援に関心のある関係者、学生、ボランティアの方々があつまる、とても豊かであたたかいコミュニティ。

 スタッフ含む参加者全員が検温含む健康チェックして受付の後、ゆるやかにドラミング開始。ドラムサークル経験者の方々は、もう勝手知ったる思い思いのスタイルでウォーミングアップ。はじめての方々は不安の面持ちから、ゆっくりじっくり。
 ファシリテーターチームは、パーカッションプレイヤーしほのマザードラムがウェルカムリズムを引き出し、スマイルファシリテーターみわが前半をファシリテーション。ゆたかが参加者各個人を絶妙にサポートし、現場監督もりぶーが全体を俯瞰しながら後半をファシリテーションしました。Dc20112201

 参加者各個人の反応は様々なんですが、はじめての参加者様の中には、当然ながら大いなる不安とともに、障がいのある我が子をあたたかく見まもりつづけることに注力されていらっしゃる方も。そんな状況をみて、その親御さんをこの時間内、この音とコミュニティの変化の中で、どこまで子ばなれさせてドラムサークルを楽しんでいただけるかを、ひとつのファシリテーション意図としました。
 それはこれまで多くのドラムサークル現場において、障がいの有無はもちろん、その重さ軽さに関係なく、親や先生など大人が楽しむ姿を見せれば、子はもっと自主的に楽しもうとする場を幾度と見てきて、その変化の可能性を信じているからです。
 実際のドラムサークルにおける今回のコミュニティは、姶良市の秋、自然の恵みに感謝することを音だしの共通イメージとすることで、時間と共に変化しその豊かさが強化されていきました。件の親の子ばなれファシリテーション対象の方も、後半みんなと同じテンポで手を動かすリズム同調化の変化はみられましたが、時間内にココロとカラダをドラムサークルスピリットのセンターに向けさすことはできませんでした。でも、今回のドラムサークルの中で、何かをつかんでいただいておられると信じて、次回のご参加での変化に期待したいと思います。

Ryumon201122  で、今回のドラムサークル音楽のエンディングは・・・・・
 長ぁ~い自然なるフェードアウトの流れで、なかなか終わりたくない子どもの音を止めたのは・・・
 スマホのアラーム音♪
 その後の大爆笑@全員マスク!!!で大団円。
 やはりドラムサークルは、ファシリテーターの意図のとおりにならないのがオモシロイ!

 アナタの地域でもドラムサークルによるコミュニティづくり、いかがでしょう!?
 リズムハートが、全国のドラムサークルによるコミュニティづくりをお手伝いします。
 お問合せください。

【静寂】令和2年度文化芸術による子供育成総合事業@飯牟礼小ドラムサークル

201030iimuresyoudc ・2020年10月30日(金)3.4校時 10:40~12:20
・日置市立飯牟礼小学校体育館
・参加者:123年生28名+園児13名、456年生31名、先生方
・ファシリテーターチーム:もりぶー、ともひろ
・ご依頼:特定非営利活動法人かごしま子ども芸術センター様

 お茶どころ日置市の全校生徒約80名の飯牟礼小学校。朝、現場へ向かう移動に手違いがあり・・・学校現場のドラムサークル、通常は開始1時間以上前に会場入りするのですが、着いたのが開始15分前。
 でも、事前のセッティング情報共有と余裕を持ったタイムスケジュール管理、そして関係者全員のチームワークによって、なんと5分で打合せ確認しながらの搬入からセッティング終了!開始5分前には子どもたちが入場してきたのですが、5分間しっかり無人の輪の中で、しずかにシュミレーション瞑想することができました。それでも前半は、おとなりの幼稚園児も加えたセッション。何がどうなるか不安と期待・・・。201030iimuresyoudc2

 アフターコロナのリズムハートドラムサークル@学校は、第4の音楽要素「静寂」の共有からはじまります。静かにすることを強制はしません。そういう意図をもって子どもたちを迎え入れると、子どもたちは自分の意思で「静寂」をつくってくれるから不思議です。
 前半、このスタイルで幼稚園のお友だちたちを迎えるのははじめてでしたが!実に美しい入場からの着席、そして静寂ができあがり、体育館に射し込む光に照らされ静かに開始を待つ子どもたちのドラムサークルの風景には、神々しささえ感じました。そこから始まる音の輪は・・・・(笑)
 後半の高学年は、さらに神々しい静寂から「輪」つながりの講話ではじまり、その成長の分だけ「聴く」ことからの「表現」を楽しみ、共有することができました。

 音の輪による心の和づくり、今後も様々な場でお役に立ちたいと思います。
 ありがとうございます。
 お問い合わせは、リズムハートまで。

【認識】令和2年度文化芸術による子供育成総合事業@塚脇小ドラムサークル

122023985_847376586089955_78001547173572 ・2020年10月20日(火)5.6校時 14:10~15:50
・霧島市立塚脇小学校体育館
・参加者:全校生徒13名+先生方と保護者
・ファシリテーターチーム:もりぶー、いずみ
・ご依頼:特定非営利活動法人かごしま子ども芸術センター様

 鹿児島市から車で小1時間だけど全校生徒13人の小規模校でのドラムサークル。
 この静かで自然に囲まれた豊かな環境で、少人数、前半後半のゆったりスケジュール。小規模校ならではの深いリズムスピリットの共有ができること準備段階で確信しました。

 セッティングが完了した無人のサークルにたたずんでいると「もりぶー、キミがベースをキープしながらFしなさい」というお告げが聞こえ・・・・ボクが静かにベースキープしながら、ウェルカム、そしてドラムコールでオープニング。
 ココから子どもたち13人の集中が素晴らしく、見事なドラムアンサンブルが現出。休憩時、全席全楽器道具消毒しアフターコロナDC初の席替え!121791906_786398698825049_24372577789626
 席替え効果が出て、後半も前半の経験値を活かして人一人の個性と自由選択が尊重されたイチゴイチエミュージックが深まっていきました。
 でも後半の後半、低学年の集中力低下と全体のバランスを読み誤ったこと、体育館の時計が10分遅れていることチェックミスのあったことで十分なふりかえりの共有が出来なかったことが反省点として悔やまれました。
 でもこの1年生から6年生までの13人による子どもコミュニティは、お互いの認識感がとても強く、このリズム共有体験が今後の日常生活のリズムにどう好変化を起こしてくれるのか楽しみです。
 また呼んでいただけますように。

   リズムによるコミュニティづくりのお手伝い>>リズムハート

【複合】令和2年度文化芸術による子供育成総合事業@栗野中ドラムサークル&ジャズforキッズ

F856d29ad2d745d4b991d53e877628a5 ・2020年10月16日(金)5・6校時14:10~16:00
・霧島市立栗野中学校体育館
・参加者:ドラムサークル1年生約50名/ジャズコンサート全校生徒約140名
・ドラムサークルファシリテーターチーム:もりぶー、ともひろ
・バンドメンバー:サックス尾崎佳奈子、ピアノ鈴木シナモン、ベース有村譲治、ドラム森田孝一郎
・ご依頼:特定非営利活動法人かごしま子ども芸術センター様
 
 美しい水の里、湧水町の中学校におけるドラムサークルとジャズコンサートの複合公演ご依頼。

 ドラムサークル:全校生徒は140名いるので密回避のため、1年生のみ約50名でドラムサークル。アフターコロナ対応学校向けドラムサークルも慣れてきましたが、思春期の中学生対応は緊張を強いられる現場。A65094eab36849ec9d799f28b89ec891
 はじまりの静寂オリエンテーションは、大人に向かう少年少女のココロとカラダの秘めたる変化をじっと抑えている感じ。ソコからボクが選択したのはベースドラムからのレイヤーイン。その音がだんだんと広がって様は、まさに学校そばにある丸池公園の湧水のようでした。
 中学校ドラムサークルでは、思春期特徴で自己表現に拒否反応を示す例が多いのですが、今回の栗野中では男女ともに嬉々たる笑顔にあふれ、積極的な参加意欲がみられ、生徒一人一人の個性も引き出せて、とても内容の濃いセッションとなりました。このお互いの存在と自由な選択を尊重しながら、自己表現を楽しみ、コミュニティを強化する感覚を失わず育んでいってほしいと願います。

 ジャズforキッズ:ジャズが主に棲息する繁華街ではなく、普段ジャズが届きにくい地域へアウトリーチするジャズバンドSwing Timeによる少年少女向けプログラム「ジャズforキッズ」で構成。音響機材と予算も限られているため・・・体育館のコーナー部からの音響効果を狙ったステージ配置に。全校生徒対象。
63501bf7cddfg3964908a608d7d56b6cb15a  オープニングは1年生のドラムサークル以上に見事な集中力による静寂のMCから。しかしオープニング!誰でも知ってるはず、と思い込んでココ10年ぐらいレパートリーにしてきた昭和のアニメソングがウケない!その曲はもう古すぎてみんな知らない、というキビシイ現実からスタートしましたが・・・ジャズの歴史文化背景を面白おかしくMCしながら、心を込めて演奏していると、曲を追うごとに、生徒たちの表情が変わり、手が動き、身体が動き、5曲目で大爆発!。クールダウンせねば、とアンコール「里の秋」をじっくり演奏すると、ッシーンと先の曲の大騒ぎに水を打ったかのように静かに聴き入ってくれ、心身を鎮め、ジャズの多様性を共有していただけたことがうれしかったです。終演後、盛り上げてくれた男子ダンサーズが感謝と賞賛のあいさつに来てくれたことにも感動しました。
 
 またお役にたてますように!63501bf7c3964908a608d7d56b6cb15a

【強化】令和2年度文化芸術による子供育成総合事業@宮小ドラムサークル

Dsc_1686 ・2020年10月14日(水)2.3校時 09:40~10:25 10:40~11:25
・鹿児島市立宮小学校体育館にて
・参加者:2校時123年生49名+先生方/3校時456年生40名+先生方
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、ともひろ
・ご依頼:特定非営利活動法人かごしま子ども芸術センター様

 本年度文化庁派遣事業ドラムサークル第2段は、鹿児島市内に14校ある特認校(豊富な自然環境に恵まれた小規模校の特性を生かし・・・)のひとつ宮小学校。12年ぶりのドラムサークルでした。小規模校は児童生徒数減少傾向にある中、12年前より増えていてウレシイかぎり。でも、12年前のように、全校生徒一緒に音で盛り上がるのは、アフターコロナ対応的にキビシイので、やむなく123年生と456年生に分けて実施。Miya20101401

 みんなでセッティング、ミーティング、ウェルカムしながらのもりぶーオリエンテーション、みわオープニングファシリテーション、ともひろベースドラムキープ、もりぶーエンディングというアフターコロナドラムサークルルーティンもながれがつかめてきた感じ。
 そして、先生方の積極参加も功を奏し、各セッション45分という限られた時間の中で、アフターコロナ対応ドラムサークルでボクが核に据える「静寂」をしっかり共有しながら、個の尊重と受容、チーム属性、そして無による発散など、ドラムをつかった(つかわない)表現の自由を通じ、いろんな地域からあつまる特認校ならではのコミュニティづくりの強化ができた氣がします。

Dsc_1693  アフターランチミーティングの鯖ほぐし丼がうまかった!

 ドラムサークルファシリテーター仲間は、全国にひろがっているので、リズムハートは、全国のドラムサークルによる場づくりを支援いたします。ご相談ください。

【収穫】鹿児島市芸術家派遣プロジェクトドラムサークル@小山田小

Dsc_1664 ・2020年10月8日(木)2.3校時 09:40~10:25 10:40~11:25
・鹿児島市立小山田小学校体育館にて
・参加者:2校時123年生+先生方=約40名
     3校時456年生+先生方=約50名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ
・ご依頼:NPO法人かごしまアートネットワーク様
 
 アフターコロナ下での学校アウトリーチ対応は、全国的に暗中模索の中での試行錯誤中で、ドラムサークル業界も他に漏れません。ビフォーコロナとは全く違ったアプローチで対応しています。

 そんな中で今回の小山田小でのアフターコロナ選択120973434_1036281106833236_1268559920685

・構成>ビフォー:全校生徒70人弱全員で休憩はさんで2校時分90分実施
         密な3重の輪でセッティング
    アフター:低学年と高学年を分けてそれぞれ1校時分45分実施
         ディスタンス確保した大きな輪でセッティング
・ウェルカム>ビフォー:自由混沌カオスあるがままにまかせる
       アフター:若い学年から順に入場、輪の内側から静かに着席、開始を待つ。
・スターティング>ビフォー:自由混沌カオスからの共有テンポが生まれる変化共有
         アフター:静かなゆっくりベースドラム起点にソコからの状況判断
・ドラミング>ビフォー:発散7抑制3ぐらいのバランス
       アフター:発散3抑制5静寂2のバランス(静寂2の存在感が強力!)
・エンディング>ビフォー:呼吸中心のクールダウンからのイェー!!!
        アフター:ストレッチ中心のクールダウンから静かに賞賛と感謝の共有。
 このような意図ですすめたら、児童生徒たちの変化は・・・・・・
Dsc_1668  
 前半の低学年は静かにはじまりはしましたが、まだ発散の欲望高く、それを受け止めながらのファシリテーション。
 一方、後半の高学年は、静かに輪の中央から子どもたちが座っていくその様が宇宙のはじまりのメタファーに見え、子どもたちのお目メもキラキラお星さまのよう☆彡
 その状況判断からの選択はもりぶー講話「宇宙のはじまり~地球のリズムへ」からのスターティング。ソコからのスマイルDCファシリテーターみわによる一人づつのレイヤーイン選択は、次々に生まれていく星の誕生をあらわしているようで見事でした!
 それでも元氣がありあまり自粛ムードを発散したい氣分の子どもたち。ビフォーの時のように、立ち上がって掛け声掛けあったり、飛び跳ねながらパレードしたり、校訓ラップで盛り上がったりできません。それでもりぶーが状況判断から選択したのがハンドクラップドラミングとダンスの融合。コレなら飛沫ナシ接触ナシで発散デキル!コレは盛り上がりました。
 ダンス、もりぶーはタップダンスとストリートダンスを習ってましたが、脳卒中後遺症で右半身麻痺してますからヘタです。だから、コレ(ヘタなヘンなダンス)でもイイんだよ!と示せたのがヨカッタかな!?っと自画自賛。
 エンディングも、ローリングアップローズ(回転拍手)とディスタンスハイタッチというアフターコロナ仕様の賞賛と感謝の共有で笑顔満開!

 子どもたちはやはりアイディアの宝庫です!Dsc_1671  
 ありがとうございました!

 リズムハートは、九州・鹿児島だけでなく、全国に広がる人的ネットワークにより、全国のリズムによるコミュニティづくりのお手伝いをします。ご相談ください。

«【新規】ドラムピクニック000@リバーバンク森の学校

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を