【距離感】令和2年度文化芸術による子供育成総合事業@長屋小ドラムサークル

Nagaya_200914_1 ・2020年9月14日(月)09:40~11:25
・南さつま市立長屋小学校体育館にて
・対象:全校生徒8名+先生方
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ
・ご依頼:特定非営利活動法人かごしま子ども芸術センター様

 文化庁からの委託事業を、かごしま子ども芸術センター様が受託してのリズムハートへのご依頼。これまでも芸術センター様が受託されるたびに例年ご依頼いただいており、本年度7校のうちの1校目。全校生徒8名の小さな小学校。

 例年と大きく違うのは「コロナ対応」。

 コロナ禍以降のドラムサークルでは、健康管理や手洗い消毒はもちろん、実施事前事後に渡り、私がアドバイザーをつとめさせていただいている一般社団法人ドラムサークルファシリテーター協会(DCFA)のコロナ対策ガイドラインに沿って対応しています。
 今回もそのガイドライン内(ソーシャルディスタンス確保)に沿って、全校生徒8名に先生方と関係者含め16席で座席間隔2mの大きな輪をつくりました。

 <<今回のドラムサークルの意図・意向>>
・コロナ自粛でクローズ志向となってる子どもたちの表現意欲をオープン志向に切り替えたい。
・ドラムサークル体験を、年度内に予定されている学習発表会に活用したい。

これらの意図・意向に沿って用意した「場のデザイン」Nagaya_200914_3
・前半は普通にドラムサークルでリズムへの順応性とキュー認識
・後半はセッティングを扇形に凝縮、学校の打楽器をつかったキュー(合図)による即興演奏

 全体的には上記の意図・意向を実現しやすくする流れに沿い、前半で「対人関係」をつむぎ、後半で「構造化」>「合意形成」という参加者の変化を促せた氣がするが、後半のセッティングによる子どもたちの闊達なコミュニケーションぶりをみて、もうちょっとソーシャルディスタンス確保と少人数であることとのバランスを考慮(前半のサークルの距離感を縮めてもよかった)してれば、もっとハツラツとした自由表現が引き出せたかも、とふりかえり。

 それでも、校長先生が「前半のバラバラな音がとても美しく感じた」とご評価いただいた感性と、子どもたちの笑顔と歓声、そして一言ふりかえりの全てが、今後の学校生活をより豊かにしてくれますように!

 ドラムサークルファシリテーター仲間は、全国にひろがっているので、全国のドラムサークルによる場づくりをリズムハートは支援いたします。ご相談ください。

【新様式】豊かにする会ドラムサークル2020夏

P1060060 ・2020年8月23日(日)13:30~15:00
・蒲生ふるさと交流館
・参加者:障害をもつ子どもたちとその保護者とボランティア約40名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、ゆたか、りえこ

 毎年夏休み恒例の豊かにする会ドラムサークル、今年はコロナ禍の影響で密回避のため、参加者を2回に分けて実施の1回目。

 =コロナ感染防止主な対応策=
1.参加者スタッフ全員の検温、事前登録
2.楽器と道具の事前事後消毒
3.会場いっぱいつかった密回避ジグザグサークルセッティング
4.参加者全員マスク着用
5.ファシリテーターフェイスシールド着用
6.ファシリテーションキュー(合図)に極力声をつかわない。
7.ドラムサークル後の茶話会はナシ。
など・・・P106006001

 といった対応におけるドラムサークルはじまり、ただのバラバラ>右往左往>さまよい>統制無き自由>無秩序>初参加の大人たちの困惑、といった冒頭のカオスの中、ウィズコロナにそったオープニングの在り方(いうなればDCフェーズ0)が今のDCF(ドラムサークルファシリテーション)の大きな思考要素となっています。
 はじまりの様子をじーっと観察しながら、ボクが今回選択したのは、カオス状態のセンターベースにボクとDCFチームスタッフしほさんが陣取り、ゆったりとしたベース音のうずに会場全体を少しずつ巻き込んでいく、という参加者の聴覚に訴えるスタイルでしたが・・・・あえなく失敗。混乱のカオスパワーは、分散したまま何も変わりませんでした。
 次にボクが意図したのは、ボクの大きなストロークアクションにアテンションさせる、参加者の視覚に訴えるスタイル。コレには少しずつ全体意識が中央にあつまりはじめ、DCフェーズ1&2を担当するみわさんに引き渡すことが出来ました。
 あとはいつものように与えられた時間で、音づくりの楽園を引き出していくDCFの流れ。それでもコロナ以前と今とでは、できあがる音楽の質が違う氣がします。
 その違いは何なのか?カタチとしては、ディスタンスやテンポなど、物理的要素がありますが、音の聴き方、聴こえ方により「人」を感じる要素。「音」と「人」のつながりをどう参加者とファシリテーターが感じとれるか、そこがアフターコロナのDC新様式な氣がしてきました。
 おつかれさまでした!
  ドラムサークルのご依頼はリズムハートまで。

【積み重ね】Now's Jazz Trio Live 20200621

104890379_729311344505975_43075289391272 ・2020年6月21日(日)16:30~18:40
・鹿児島市天文館DUENDEにて
・お客様:15名様
・出演:尾崎佳奈子(A.Sax, Clarinete、作曲)
    坂口英明(Bass)
    森田孝一郎(Drums)

 今年1月にボクのビョーキで長く休んでいたNow's Jazz Quartetを再始動させ、2月にはNow's Jazz Orchestraでホール公演を成功させ、さぁ今年はこのNJライブで盛り上がるぞ!っという矢先の新コロ禍で、4月に予定していたNow's Jazz Quartetライブが中止になり、以降の活動が白紙に・・・・105583081_304072610720226_10034423520283

 そんな中、リーダー坂口さんの音頭で、まず飲み会(笑)。しばらく活動ができないコレをイイ機会に、メンバーで作曲にも取り組む尾崎さんの曲を素材に、毎週日曜リハーサルを重ね、この期間トリオのサウンドづくりをじっくりやろう!っということに。

 全9曲すべて尾崎佳奈子オリジナル作品、ライブが中止になった4月から5月6月毎週日曜ガチのリハ。ビッグバンドやオーケストラ以外の小編成、特にトリオでこれだけリハを重ねたのは、いつ以来だろう!?
 ああでもない、こおでもない、ソレやってみよう、ダメだ、コレでやってみよう、の繰返しからイイ音、グッとくる調和とバランスが徐々に生まれ出でてくる快感!そして、ライブの達成感!

 今回のライブは、アフターコロナ対応ということで、20名限定要予約、消毒励行、マスク着用、ソーシャルディスタンス保持での実行。メンバーもお客様も久しぶりのライブ。イタリアンレストラン兼フラメンコスタジオという空間にいるひとりひとりが安心の距離感を保ち、ひとつひとつの音をじっくり味わいかみしめるようにゆっくり時間がすすんでいきました。

Dsc_0910  その場で自分の技量をぶつけあうジャムセッションはもちろんのこと、1.2回のリハーサルで本番というライブでも決して感じることのできない、3人の新しい音楽が出来上がりつつあるのを久しぶりに強く感じました。この音は積み重ねていくことからしか生まれてこない音です。
 静寂から生まれ、解放される音の調和。次のNJTの音を是非、聴いて欲しいです!

【再会再開】オープンコミュニティドラムサークル Drum Jazz 011

200614dj011_01 ・2020年6月14日(日)10:15~11:55
・鹿児島市青年会館そう舎にて
・参加者:事前受付10組20名様
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、ともひろ
・主催:リズムハート

 新型コロナウィルス感染防止のため、中断していたオープンコミュニティドラムサークル Drum Jazz 011が4か月ぶりに再開しました。
 非常事態宣言が解除され、感染拡大傾向は収まりつつも開催前日に鹿児島県内感染11例目が発生するなど予断を許さない状況下、以下の対策を講じました。

 1.参加者は事前予約10組まで
 2.参加者と楽器道具、事前事中事後の徹底消毒対応
 3.参加者間1m以上離しかつ飛沫受けないジグザグサークル
 4.参加者、スタッフのマスク着用
 5.適切に空調入れ熱中症対策と同時に換気窓解放

 そのうえで本番前恒例のスタッフ打合せとファシリテーション勉強会を実施してのF1ウェルカムフェーズ>F2対人関係フェーズ>F3構造化フェーズ>F4音楽づくりとコミュニティは深まっていき、コロナ明けのこの場におけるDCF意図「癒しの楽園」に参加者の皆さんを連れていくことができた氣がします。200614dj011_02

 DCF意図「癒しの楽園」づくりのために留意したことは、以下。
 1.Fは、しゃべらない・・・なるべく。。
 2.スローテンポ&ピアニシモ(最弱音)をデフォルトに、抑揚をつける。
 3.母なるベースドラムで引き寄せ、ベースドラムで解放させる。
 4.全ての選択を尊重し、ソレを共有し、賞賛し、祝福する。

 セッション1後の拍手とラストセッションエンディング後の拍手の違い。コレがコミュニティドラムサークルの可能性と価値なんだと思います。
   片づけた後のスタッフランチミーティングも盛り上がりました!

200614dj011_03
 次回は8/2(日)同時間同会場、事前予約限定15組。ご予約お待ちしております。
 また、鹿児島県内における同イベント企画とご依頼承ります。リズムハートまでご相談ください。

 ※ドラムサークル活動は、全国に広がっています。ドラムサークルファシリテーター協会

【生音】出水子ども劇場例会ドラムサークル

200531izumi_kgdc01 ・2020年5月31日(日)13:15~15:30
・出水市米ノ津東小学校体育館にて
・参加者:出水子ども劇場のメンバー18名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、ともひろ
・ご依頼:出水子ども劇場様

 新型コロナウィルス感染防止のため中断していた、ドラムサークル(DC)の対外活動、非常事態宣言解除のタイミングで「今やりたいです!」とのご依頼をいただき、鹿児島県北部の出水市まで出張してまいりました。

 広い学校の体育館をお借りし、参加者18名。
 密環境になりがちなDC現場において、アフターコロナDCの実践には絶好の機会でした。
 
 =感染防止対策=
 ・参加者スタッフの健康管理と手洗い消毒の励行、マスク着用
 ・楽器と道具の事前事後消毒
 ・体育館窓解放
 ・参加者間の1m距離保ちジグザグ2重輪のサークルセッティング

 =アフターコロナによりそったF意図= 
 ・スローテンポ
 ・自粛からの解放
 ・生音リズムによる癒し

 その結果・・・・200531izumi_kgdc02
 参加者1人1人の自由意思が全て尊重され祝福された、実に素晴らしい In the moment music ができあがり、エンディングで感極まっている大人も3名ほどいらっしゃいました。
 やはり「生(ナマ)」の音とリズムによる人と人とのつながり感は、オンラインには代えがたい「チカラ」があること、この当然すぎることをアフターコロナDC0001で強く共有できたかな!?(笑)

 アフターコロナDC、鹿児島県内どこへでも伺います。リズムハートまでご相談ください

【意図】よか余暇サロン「リズムでスマイル♪」ドラムサークル

Dc200216edit ・2020年2月16日(日)09:30~12:00
・鹿児島市ハートピア多目的ホールにて
・参加者:就労障がい者と職員約40名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、いずみ
・主催:かごしま障害者就業生活支援センター様

 障がい者の就労支援の一環として年4回行われている交流イベントで、ドラムサークルから学ぶノンバーバルコミュニケーションについて体験していただきました。参加者は、主催者様の就労支援により一般企業に就労している障害を持つ方々。
 普段、リズムハートで対応している知的障がい者施設の利用者様や精神科患者様方とは、その特性はまた違うので、それらより踏み込んだコミュニケーションによる音楽づくりが求められました。

<<ファシリテーションの意図と結果の流れ>>
 ・安心>受付から座席へのウェルカム対応
 ・不安解消>自然な音出し促進>ガチャがちゃドカすかポン
 ・一体化>音を感じ、全体をまとめる>ドン!
 ・理論化>ことばによる説明>ウケル!
 ・分散化>音の種類をわける>属性認識と融合>調和のはじまり
 ・関係認識>全体の中でのチームと個のつながり>役割を共有
 ・独立化>個の選択承認と賞賛>自由な場
 ・音楽化>即興演奏手法の提示>自主的演奏
 ・楽園化>笑い合う

 ボクの一挙一到足に素早く反応してくれる2人のサポートスタッフのはたらきで、だいたい上記意図のとおりの流れで推移しました。しかし!一人だけ輪の中には居るんだけど、最後まで演奏に参加しないという選択をされた女性の氣持ち、本意は一体何だったのだろうか!?知りたい、知りたい、ああ・・・知りたい。DCF探求の旅がつづきます。

【根元】Now's Jazz Orchestra 寿限無2020

Njo200211omote_s ・2020年2月11日(建国記念の日)
・鹿児島市中央公民館にて
・お客様:約350名
・出演:Now's Jazz Orchestra
    ゲスト 高橋知己(T.sax)、園田智子(Piano)

 ジャズの成り立ちは、奴隷貿易の悲しい歴史の中からアフリカのリズムと西洋音楽の伝統が融合し・・・幕末の日本に迷い込んだアフロアメリカンが映画「ジャズ大名」で殿さまにスイングを伝え・・・日本初の西洋楽器楽隊が薩摩に興り・・・ながくておおくの旅の途中にNJO(Now's Jazz Orchestra)がある!?
 
 どんな道にもそのルーツがあり、そのルーツ(根元)たる伝統と文化への敬意を欠いた道に、未来は期待できません。
 今回、ボクがドラマーとして久しぶりに参加したこのコンサートは、「日本人のつくったうた」をテーマに、その曲に込められた氣持ちをフリージャズという手法で表現しました。86291434_2621404657977106_92032561795668
 作曲は本居長世、奄美民謡、山下洋輔、林栄一、そしてNJOメンバーの尾崎佳奈子。全曲のアレンジも尾崎佳奈子によります。
 
 その音は、美しさの中の狂氣と粗忽の混沌の渦にブルースとサウダージが飛込み、そこから音の郷愁と哀愁が生まれ、最後は静かなほほ笑みに包まれた大団円。数回のリハーサルを重ねながら、そんな音のイメージを育てていきました。
 結果は・・・そんな意図以上の感動的なステージができた。氣がします。

 みんながいろんな音(表現)を自由に出し合い、その氣持ちを受け容れ合う、そんな音楽で笑い合えたら、と願いつづけながら、これからも音をつないでいこうと思います。

84170406_1065882820454835_70997036432086  今回、このコンサートに参加させていただいたことに心から感謝します。
 ありがとうございました。

【自然】オープンコミュニティドラムサークルDrum Jazz010

200209dj010 ・2020年2月9日(日)10:30~11:58
・鹿児島市青年会館そう舎
・参加者:大人20+子ども10=約30人以上・・・
・ファシリテーターチーム:もりぶー、しほ、ゆたか

 ドラムサークルカゴシマ時代から数えて110回目のオープンコミュニティドラムサークルDrum Jazz010は、いろんな都合や条件が重なり、もりぶー、しほ、ゆたかの3人でガンバッタ!!エライ!!
 参加者の皆さんも、初参加、リピーター、数年ぶりの再会、東京から、そして北欧に行ったらそこでもりぶーの友だちと会った人などバラエティに富んだ人たちの中で、音をつくっていったのは、今回も子どもたちの自由あるがまま反応でした。
 そこから聴こえてくるのはなんかアフリカン!アフリカンリズムを専門的に学んでるジェンベドラマーはいないのに!やはりアフリカのリズムは人間の自然反応からつむがれていること再確認。
 
 ファシリテーションの流れとしては、輪という場のデザインから放出される音の混沌から、だんだんとその音でお互いの関係性を認識しはじめると場の集約が起こり、集約された音は役割の認識により構造化を示し、音楽的進化(深化)に向けて合意が形成されていく。
 こんな流れを意図していますと・・・・楽器のセッティングさえすれば、このDrum Jazzの場は、自然とそんな流れに乗って行く。そんな氣がしてきました。ありがたいです。

 次回Drum Jazz011は、4/5(日)春の恒例桜の木の下でお花見ドラムサークルして世界遺産散策から帰ってきたら花かごランチというピクニックです。要予約、お早めに!

【祝詞】神雅乃調(カムサビノシラベ)音楽会@枕崎南溟館

82529420_681030519098616_290325248597819
・2020年1月12日(日)15:00~17:00
・枕崎市文化資料館南溟館にて
・お客様:約140名超満員!
・出演:Art Scramble Of Kagoshima
 實吉國盛ちゃん麻呂の守(管楽器、祝詞)
 鈴木シナモンの守(洋琴、編曲)
 森田孝一郎もりぶーの守(太鼓、演説)
 客演 中島リカ姐さんの守(三味線、をどり)
 スピードキング小城の守(音響照明、音いろどり)

 ボクが大好きなフリージャズグループ「アート・アンサンブル・オブ・シカゴ(AAOC)」へのオマージュとして4年前に結成した「アート・スクランブル・オブ・カゴシマ(ASOK)」は、1980年代のAAOC全盛期に新宿アンダーグラウンド界を席捲していたニュージャズシンジケート出身のちゃんサネさんのパフォーマンススキルがバンド結成をキメた。1578869225

 しかし、結成ライブを前に当時のピアノUEがビョーキ離脱、トラ(代役/エキストラ)を入れてライブするためリハーサルするも、リーダーのもりぶーまでライブ直前UEの後を追うようにビョーキ離脱。それから3年半の時は過ぎ・・・・UEは、鈴木シナモンに生まれ変わり、もりぶーもドラマー復帰した2019年の夏、ようやくASOK初ライブが実現。その演目がこの「神雅乃調(カムサビノシラベ)」。

 コレは、AAOCが人類の故郷アフリカへの原点回帰を目指すのと同様、我がASOKが目指すのは「和の精神」。ちゃんサネ扮する實吉國盛ちゃん麻呂の守が唱える和の言霊が宿る祝詞にASOKの即興演奏(フリージャズ)をからめるという、前代未聞の独創的音と言葉のフリーダムアートフォーム。このアイディアを育て、音と言葉で自由と平和を奏で広げていく、昨夏からの第2回公演が今回の神雅乃調音楽会@枕崎南溟館。

82954034_2871692612951500_59198286332491
 枕崎は、日本本土最南端の港町にして、風の芸術展を主導する世界有数のモダンアートのまち。そして、ちゃんサネこと實吉國盛ちゃん麻呂の守のふるさとでもありますので、ちゃん麻呂の守が唱える祝詞には、ふるさと枕崎への思いがたっぷりちりばめられました。
 でも開演するまでは、この祝詞とフリージャズという独創的なコンセプトが、枕崎市民の皆さんに受け容れられるのか、それよりもお客さんは観にいらっしゃるのだろうか!?という大きな不安がぬぐえぬまま・・・それが、開場前から長蛇の列、直前集客予想90数名を大きく超え、イスが足りず、高齢者多い過疎の町、屋外のベンチまで総動員の140名超満員。
 そんな満席の会場で繰り広げられた演奏は、途中飛び入りも入り、宇宙の成り立ちから生命の誕生、そして枕崎の四季、まつりからの世界の安寧まで。この神雅乃調は、開演前の不安を軽く吹き飛ばして枕崎の皆様に熱く受け入れられ、演奏後は多くの高齢者のお客様方が泣いて出演者に握手を求めるという感動のフィナーレで幕を閉じることができました。ありがとうございました。1578869222

 ASOKによる祝詞とフリージャズという独創的なコンセプト公演、全国各地の地域起こしにお役にたてるよう精進いたします。演奏依頼のお問い合わせは、リズムハート森田まで。

写真提供:すし匠五条様のブログと、fb友だち2名様より許可いただき転載
1578869230_20200114051801

【復活】Now's Jazz Quartet再始動

Njq200104_01 ・2020年1月4日(土)16:30~19:00
・鹿児島市天文館music & cafe 明日の地図にて
・お客様:40数名のご来場満席
・出演:尾崎佳奈子(A.sax)、鈴木シナモン(Piano)
    坂口英明(Bass)、​森田孝一郎(Drums)

 カラダのことなどいろいろあって・・・しばらくドラマーとしての活動をお休みしていたNJQ(Now's Jazz Quartet)、数年ぶりの復活ライブは2020年お正月明けのリスタート!
 何曜日だかワカラナイ正月明けの夕方、予想を大きく上回る40名超え超満員のお客様にあつまっていただき、会場内すべての音に対する演奏者と聴衆一人一人の自由な反応から発せられる音、その全てを受け容れ合える4人だからできる最高の演奏ができました。
 正直、今のボクは右半身麻痺により、右腕手指の細かいスティックコントロールができないため、ジャズドラム伝統と最前線の演奏はもうできません。でも、動くカラダでできることはまだまだたくさんあります。それは、音に対する自由な発想からのあるがままの反応を、ドラムに渡してあげること。するとドラムはボクから渡された音で鳴ってくれます。その音すべてを全身で受け容れ、これまたあるがままの反応を自らの楽器に渡し紡がれる4人の音から成り立つこのジャズは、今のボク、今の4人の今、まさしくNow's Jazzなんです。Njq200104_02
 何よりも自由な音の交換の中で、全ての選択が尊重されることの安心感と幸福感たるや!ハレルヤ!フリージャズバンザイ!
 演奏したレパートリーは・・・・・・
 カーラ・ブレイ、オーネット・コールマン、チャーリー・ヘイデン、ジミ・ヘンドリクス、パット・メセニー、渋谷毅、そしてメンバー尾崎佳奈子のオリジナル。この選曲、作曲者ラインナップを並べただけでその美しい世界観が・・・・。

 このバンドのライブは以降、定期開催の予定。次回は4月か・・・お楽しみに!

«【承認して賞賛する】オープンコミュニティドラムサークル Drum Jazz 009

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を